東北新幹線-奥羽本線 福島駅構内の新在直通異電圧交交セクション


トップページ>異電圧交交セクション>東北新幹線-奥羽本線 福島駅構内の新在直通異電圧交交セクション

 東京と山形を結ぶ「山形新幹線つばさ」は,東京から福島まで東北新幹線上を,「やまびこ」に併結されて走り,福島で切り離されて在来線の奥羽本線に乗り入れています.奥羽本線の福島-山形間は,従来の1067mm(狭軌)から1435mm(標準軌)に改軌されましたが,架線の電圧については在来線の標準である20kVのままとされました.このため,新幹線の標準である25kVの区間との境界に「交交デッドセクション」が設けられました.しかし,車両の電気回路は基本的に25kV用とし,在来線区間での5kVの電圧低下はマージンとして許容できるように設計されています.このため,400系「つばさ」は,異相区分セクションを通過する時と同様にノッチオフするだけで,特別な切換操作なしに通過しています.

 このデッドセクションの真上には歩道橋があります.このため,セクションインシュレータの構造を間近で観察するには格好の場所といえます.400系「つばさ」が通過する際にパンタグラフとの間に飛ぶアークの様子も良くわかります.

周辺の地図

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    電圧種別
    1) 異電圧交交セクションの全体像.手前側が20kVで奥が25kVです.
  • 写真2
    2) 異電圧セクション通過中の山形新幹線つばさ.右に架線死区間標識(交流用)が見えます.
  • 写真3
    3) 歩道橋の上から見たセクションインシュレータ.
  • 写真4
    電圧種別
    4) 交交セクションを別角度から見たところ.
  • 写真5
    5) 交交セクションの真下には黄色のトゲトゲが付いたシートが敷かれています.
  • 写真6
    6) 奥羽本線標準軌区間で使用されている719系5000番台交流電車(米沢駅で撮影).
  • 写真7
    7) 東北新幹線福島駅14番ホームには,「やまびこ」・「こまち」併合用の信号機が設置されています.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る