北陸本線交流区間 全デッドセクション一覧


トップページ>交直セクション>北陸本線交流区間 全デッドセクション一覧

JR西日本 北陸本線(2015年3月14日に第三セクターに転換された区間を含む)の交流区間に存在する全てのデッドセクション(交直セクション・異相区分交交セクション)をまとめました.

北陸本線は東海道本線米原駅と金沢駅を結ぶ全長176.6kmの路線です(他に休止中の敦賀-敦賀港間の支線(単線非電化)2.7km)を持つ).起点側の米原-敦賀間が直流1500V,終点側の南今庄-金沢間が交流20kV 60Hzで電化されています.また,第三セクターに転換された区間では,IRいしかわ鉄道,あいの風とやま鉄道の全線とえちごトキめき鉄道の市振-糸魚川間が交流20kV 60Hz,えちごトキめき鉄道の梶屋敷-直江津間が直流1500Vで電化されています.そのため,北陸本線の敦賀-南今庄間とえちごトキめき鉄道の糸魚川-梶屋敷間それぞれに交直セクションが設置されています.また,交流区間では一般的に単独き電方式が採用されており,変電所を境に上り方面,下り方面それぞれに90°位相がずれた単相交流を供給しています.また,隣接する変電所の電源同士は位相が同じであるとは限らないため,変電所とき電区分所(隣接変電所との間に設置され,通常時の電源区分と異常時の延長き電の切り換えを行う)にデッドセクション(異相区分交交セクション)があり,位相がずれた交流同士の混触を防止しています.

なお,あいの風とやま鉄道の越中宮崎変電所とえちごトキめき鉄道の青海変電所の間(親不知を含む区間)にはデッドセクションを持つき電区分所はありません.き電の受け持ち範囲がどうなっているのか気になったので,青海変電所内のき電回路の断路器を確認したところ,糸魚川方面の下り・上りがON,越中宮崎方面の上り・下りがOFFの状態になっていました.つまり,越中宮崎~青海間へのき電は(通常時は)越中宮崎変電所が受け持ち,青海変電所からは青海~糸魚川~交直セクション間のみへの片方向き電になっているようです.

駅名 種別 施設名
敦賀 敦賀変電所
交直セクション
南今庄
今庄
湯尾
交交 湯尾き電区分所
南条
王子保
交交 武生変電所
武生
鯖江
北鯖江
大土呂
交交 南福井き電区分所
越前花堂
福井
森田
春江
丸岡
交交 金津変電所
芦原温泉
細呂木
牛ノ谷
大聖寺
交交 大聖寺き電区分所
加賀温泉
動橋
粟津
交交 粟津変電所
小松
名峰
能美根上
交交 寺井き電区分所
小舞子
美川
加賀笠間
松任
野々市
西金沢
交交 金沢変電所
金沢
東金沢
森本
津幡 七尾線
交直セクション
交交 津幡き電区分所
倶利伽藍
石動
交交 石動変電所
福岡
西高岡
高岡
交交 高岡き電区分所
越中大門
小杉
呉羽
交交 呉羽変電所
富山
東富山
交交 水橋き電区分所
水橋
滑川
東滑川
魚津
交交 魚津変電所
黒部
生地
西入善
交交 入善き電区分所
入善
越中宮崎
交交 越中宮崎変電所
市振
親不知
青海
交交 青海変電所
糸魚川
交直セクション
梶屋敷

北陸本線・第三セクター(交流区間) 変電所(SS)・き電区分所(SP)一覧
(表は上下にスクロールします)

写真の表示にはGoogle Street View Image APIを使用しています(一部を除く).

 
  • 写真1
    1) 北陸本線交流区間の始点,下り線 敦賀駅-南今庄駅間の交直セクション.
  • 写真2
    2) 上り線の交直セクションは下り線よりも500mほど米原寄りに設置されています.
  • 写真3
    3) 湯尾き電区分所.断路器などの設備は湯尾駅のすぐ近くに設置されています.
  • 写真4
    4) 湯尾き電区分所の交交セクションは直江津方に700mほど離れた場所にあるため,架線柱上部に交交セクションの直江津側の架線に接続されるき電線が設置されています.架線(トロリー線)とは異電源(別系統)であり工事などの際に危険なため,支持する腕金が注意喚起のために赤色に塗られています.
  • 写真5
    5) 湯尾き電区分所の交交セクションを下り電車の先頭部から見たところ.
  • 写真6
    6) 武生変電所の様子.
  • 写真7
    7) 武生変電所の様子(その2).左にき電用変圧器が見えます.
  • 写真8
    8) 武生変電所の交交セクションを下り電車の先頭部から見たところ.
  • 写真9
    9) 武生変電所の交交セクションを直江津寄りの踏切から見たところ.
  • 写真10
    10) 南福井き電区分所の様子.
  • 写真11
    11) 南福井き電区分所の交交セクション.
  • 写真12
    12) 金津変電所の様子.
  • 写真13
    13) 金津変電所の交交セクションを直江津寄りの踏切から見たところ.
  • 写真14
    14) 大聖寺き電区分所の様子.
  • 写真15
    15) 粟津変電所の様子.中央の大きい設備がき電用変圧器.
  • 写真16
    16) 粟津変電所の交交セクション.
  • 写真17
    17) 寺井き電区分所の様子.
  • 写真18
    18) 金沢変電所の様子.2015年3月14日の北陸新幹線長野-金沢開業後は北陸本線でもっとも終点側の変電所となりました.
  • 写真19
    19) 金沢変電所の交交セクション.奥に見える高架は2015年3月14日に開業した北陸新幹線(敦賀延長時までは白山総合車両所への回送線).
  • 写真20
    20) 津幡き電区分所の様子.2015年3月14日に「IRいしかわ鉄道」の設備となりました.また,すぐ近くに七尾線(こちらはJR西日本のまま存続)津幡-中津幡の交直セクションがあります.
  • 写真21
    21) 津幡き電区分所の交交セクション.
  • 写真22
    22) 石動変電所の様子.2015年3月14日に「あいの風とやま鉄道」の設備となりました.
  • 写真23
    23) 石動変電所の交交セクション.
  • 写真24
    24) 高岡き電区分所の様子.
  • 写真25
    25) 高岡き電区分所の交交セクションを踏切から見たところ.
  • 写真26
    26) 呉羽変電所の様子.奥の高架は北陸新幹線.
  • 写真27
    27) 呉羽変電所の交交セクション.並行する道路が無く,残念ながら遠くてよく分かりませんが画面中央部にあります.手前に架線死区間予告標が見えます.
  • 写真28
    28) 水橋き電区分所の様子.
  • 写真29
    29) 水橋き電区分所の交交セクション.
  • 写真30
    30) 魚津変電所の様子.
  • 写真31
    31) 魚津変電所の交交セクション.
  • 写真32
    32) 入善き電区分所の様子.
  • 写真33
    33) 入善き電区分所の交交セクション.
  • 写真34
    34) 越中宮崎変電所の様子.ここからわずか200mほど直江津方に行くと富山/新潟県境があります.県境を越えた市振駅から先は北陸新幹線の開業後「えちごトキめき鉄道」となりました.
  • 写真35
    35) 越中宮崎変電所の交交セクション.
  • 写真36
    36) 青海変電所の様子.えちごトキめき鉄道では唯一の交流変電所となります.移管後間もないためか,看板がJR西日本のままになっています.
  • 写真37
    37) 青海変電所の交交セクション.すぐ近くに北陸新幹線の新糸魚川き電区分所(50Hz/60Hzの異周波数切替セクション)があります.
  • 写真38
    38) 北陸本線(第三セクター区間含む)における交流区間の終点,糸魚川駅-梶屋敷駅間の交直セクション.
  • 写真39
    39) 糸魚川-梶屋敷間の交直セクションを下り電車の先頭部から見たところ.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る