東北本線-東武日光線 栗橋駅構内の異社間直直セクション


トップページ>異社間直直セクション>東北本線-東武日光線 栗橋駅構内の異社間直直セクション

 東武日光線は東武伊勢崎線の東武動物公園から分岐して東武日光へ向かう路線で,栗橋駅でJR東北本線と接続しています.2006年の春から,JRの新宿駅から東北本線を経由し,栗橋から東武日光線に乗り入れて日光へ向かう特急列車の運転が計画されており,栗橋駅に両路線を結ぶ連絡線が設置されました.

 JR東北本線の東京(実質的には上野)-黒磯間,東武日光線ともに直流1500Vで電化されています.連絡線の架線にはJRと東武の架線電流の混触を防ぐためのインシュレータセクションが設置されましたが,数十mの間隔をおいて2ヶ所に設けられており,その間がデッドセクション(無電区間)になっています.一般的に直流同電圧セクションの場合,パンオーバー事故を防ぐためにセクションを跨いだ停止は禁止されていますが,運転上の弱点となるデッドセクションまで設置する必要はありません.あえて設置した実際の理由は分かりませんが,JR線に乗り入れる東武鉄道の車両が編成内で引き通しを行っていることと関係しているようです.

 ところでこのデッドセクションでは,無電区間内の架線と東武側本線のき電線を接続する断路器が設置されています.つまり,断路器を投入すれば,両端のセクションインシュレータ部分のわずかな距離を除いてデッドセクションが解消されることになります(下図).この断路器の役割もよく分かりませんが,不幸にもセクション内で列車が停止してしまった場合に,断路器を投入することによって自力で容易に脱出できるようにしているのではないかと思われます.


栗橋駅の構内配線図
 
  • 写真1
    1) 栗橋駅の橋上駅舎から見た連絡線(青森・日光方).左は東武日光線の上り線,右が東北本線の下り線です.
  • 写真2
    2) 栗橋駅の橋上駅舎から見た連絡線(上野・浅草方).JR東北本線下りホームの向かいにJR・東武の乗務員交代用のミニホームがあります.
  • 写真3
    3) 東北本線の栗橋駅下りホームから見たデッドセクション.通常よりやや大きめな「電車線区分標」とともに,「セクション」,「セクション」と表示された標識が設置されています.
  • 写真4
    4) 東武日光線ホームから見たJR側のデッドセクション入口.直流区間で一般的に用いられているのと同タイプのセクションインシュレータが設置されています.
  • 写真5
    5) セクションインシュレータを拡大して見たところ.FRPにマジックのようなもので設置年月が書かれています.また,電力中断を防ぐためのスライダは付いていません.
  • 写真6
    6) 2007年8月現在のセクションインシュレータ.まだまだ新しさを保っていますが,太陽光線にさらされたためか,マジックの字はだいぶかすれてきています.
  • 写真7
    7) デッドセクション内の架線柱には,電車線区分標を一回り大きくしたような標識が随所に設置されています.
  • 写真8
    8) 東武側のデッドセクション出口.無電区間の架線が架線柱横の断路器を介して本線のき電線に接続されており(構内配線図を参照),断路器の投入によりデッドセクションを解消することが可能になっています.おそらくセクション内での非常停止時に備えたものと思われます.
  • 写真9
    9) 東武日光線のホームから見たJR側のデッドセクション出口.その向こうに見えるのが東北本線のホームです.
  • 写真10
    10) 東武日光線ホームから日光方面を見たところ.上下線間に渡り線が設置されています.
  • 写真11
    11) デッドセクションのJR側出口の先に設置させた標識.485系が乗り入れる際に無電圧を検知してABB(空気遮断器)が開放されるため,その動作確認用と思われます.
  • 写真12
    12) 東北本線下りホームの向かい側に設置された乗務員交代用ホーム.日光方面行きの特急列車到着に備えて東武鉄道の乗務員が待機しています.
  • 写真13
    13) 連絡線のJR側にあるホーム.東武鉄道側のものと比べるとかなり小さくなっています.
  • 写真14
    14) 連絡線のホームは列車両端の乗務員室ドア付近のみで,中間部にホームが無いため,(習慣的に)ドア扱いをしてしまわないように注意喚起の表示があります.
  • 写真15
    15) 連絡線のJR側にある信号機と無線切換・ABB投入を確認する標識.
  • 写真16
    16) 東北本線下りホームから上野方を見たところ.右端の線路が側線を改造した連絡線で,東北本線の下り線に接続されています.
  • 写真17
    17) 連絡線ホームに運転停車中の東武鬼怒川温泉行きの特急「きぬがわ5号」.乗務員交代が行われています.
  • 写真18
    18) 連絡線ホームを発車し,デッドセクションに進入する485系特急「きぬがわ5号」.
  • 写真19
    19) デッドセクション通過中の485系.パンタグラフが無電区間に進入する際にABBが開放される音が聞こえますが,全ユニットのABBが一斉に開放される交直切換時とは異なり,無電圧を検知したユニットごとに順次開放されていきます.
  • 写真20
    20) デッドセクションに進入するJR新宿行きの特急「スペーシアきぬがわ6号」.
  • 写真21
    21) 連絡線ホームに運転停車中の「スペーシアきぬがわ6号」.東武鉄道からJRへの乗務員交代が行われています.
  • 写真22
    22) 東武浅草発鬼怒川温泉行きの特急「きぬ」.こちらは東武日光線の下り本線をそのまま通過していきます.
  • 写真23
    23) デッドセクション脇を通過する東武浅草行き急行列車「ゆのさと」号.
  • 写真24
    24) 東武鉄道上りホームに停車中の南栗橋行き上り普通電車.
  • 写真25
    25) 東北本線上り本線を通過するEF65牽引のコンテナ貨物列車.
  • 写真26
    26) 栗橋駅を発車する上野行き上り普通電車.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る