中央本線-西武多摩川線 武蔵境駅構内の異社間直直セクション


トップページ>異社間直直セクション>中央本線-西武多摩川線 武蔵境駅構内の異社間直直セクション

 中央本線は東京駅から新宿,八王子,甲府,塩尻,中津川などを経由して名古屋までを結ぶ路線で,全線が直流1500Vで電化されています(正確には東京-神田間は東北本線,代々木-新宿間は山手線).一方,西武多摩川線は中央本線の武蔵境駅から是政駅までを結ぶ路線で,こちらも全線が直流1500Vで電化されています.

 西武多摩川線は他の西武鉄道各線とは直接繋がっておらず,また沿線に大規模な検査・修繕を行う工場も無いため,これらを行う必要がある際には武蔵境駅の構内西方にある連絡線を通って国立駅経由で武蔵野線の新秋津駅までJRの機関車により甲種輸送され,その先はさらに新秋津駅~所沢駅を結ぶ連絡線を通って西武池袋線の沿線にある武蔵丘車両検修場へ運ばれます.武蔵境駅構内の連絡線は架線が張られて電化されていますが,両社の架線はエアセクションではなく,長さ約8m(Google Map上での計測値)のデッドセクションで絶縁されています.これはおそらく連絡線を通過する際のJRと西武の架線電流の混触を防ぐためだと思われます.


武蔵境駅の構内配線図
 
  • 写真1
    1) 中央本線下りホーム端から見た連絡線上のデッドセクション.手前には一般的なタイプの電車線区分標も設置されています.
  • 写真2
    2) デッドセクションの拡大.直流用セクションインシュレータが2つ連続して設置され,その間の約8m(Google Map上での計測値)が無電区間になっています.
  • 写真3
    3) 西武多摩川線ホーム端から見た渡り線.写真では見づらいですが,デッドセクションは渡り線の安全側線のポイントのほぼ真上にあります.
  • 写真4
    4) 西武多摩湖線ホームから見たデッドセクションの拡大.
  • 写真5
    5) 中央本線上り電車から見たデッドセクション.直流用のセクションインシュレータはスライダの無いタイプです.走行中の車内からではありますが,肉眼でならここからが一番見やすいと思われます(下り電車に被られる可能性はありますが).
  • 写真6
    6) 西武多摩湖線 武蔵境駅の駅名標.
  • 写真7
    7) 中央本線 武蔵境駅の駅名標.
  • 写真8
    8) 武蔵境駅を通過するE353系上り特急「スーパーあずさ18号」.2017年12月23日に営業運転を開始したばかりの新型車両です.
  • 写真9
    9) 西武多摩川線の武蔵境駅で発車を待つ新101系.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る