交流電化発祥の地-仙山線作並駅のセクション跡


トップページ>交直セクション>日本の交流電化発祥の地-仙山線作並駅の交直セクション跡

 仙山線は東北本線仙台駅と奥羽本線羽前千歳駅(ただし列車は山形駅まで直通)を結ぶ単線,交流20kV50Hz電化の路線です.1955年から陸前落合駅-熊ヶ根駅間で商用交流による交流電化の試験が行われ,日本で最初の交流電化区間となりました.2年後の1957年には試験区間は仙台-作並間に拡大され,営業運転も開始されました.一方,宮城-山形県境には全長5,361mの仙山トンネルがあり,煤煙のため蒸機の運転は困難であることから,作並駅より山形側は開業当初より直流1500Vで電化されていました.そのため,作並駅は日本で最初の交流・直流の接続点となり,地上切換式の交直セクションが設置されました.また,車上切換の試験も行われました.

 しかし,奥羽本線の交流電化により,作並-山形間が交流電化に変更されたため,1968年9月をもって作並駅の交直セクションは廃止されました.

 現在の作並駅には,交流電化発祥の地を示す看板と石碑,および機関区跡の転車台以外,当時の様子を示すものはほとんど残っていません.しかし,当時の写真と比べてみると,山並みなど駅周辺の様子はほとんど変わっていないようです.

 
  • 写真1
    1) 作並駅の山形方.遠くに宮城-山形県境の山が見えます.
  • 写真2
    2) 作並駅の仙台方.中央の白い建物は保線・除雪用車両の車庫になっていますが,かつてはこの場所に作並機関区が設置されていました.左端にわずかに当時の転車台が見えます.また,右端の作並こけしのそばに「交流電化の由来」の看板があります.
  • 写真3
    3) 構内踏切からプラットホームを見たところ.
  • 写真4
    4) 交流電化の由来が書かれた看板.
  • 写真5
    5) 「交流電化の由来」看板下にある石碑.当時の作並機関区長の手彫りだそうです.
  • 写真6
    6) 古い駅名標が残っています.作並駅の両隣には,山形方に「八ツ森」,仙台方に「西仙台ハイランド」という臨時駅がありますが書かれていません,
  • 写真7
    7) 作並駅折り返しの719系仙台行き普通電車(構内踏切から撮影).
  • 写真8
    8) 仙山線運用最終日前日(2001年3月30日)の455系.仙台駅にて撮影
最初に移動 最後に移動
上へ戻る