名鉄田神線 田神-市ノ坪間の異電圧直直セクション(廃止)


トップページ>異電圧直直セクション>名鉄田神線 田神-市ノ坪間の異電圧直直セクション

 名鉄田神線は,各務原線(鉄道線)田神と美濃町線(軌道線)競輪場前を結ぶ短い路線でしたが,2005年4月1日,他の名鉄600V線区とともに廃止されてしまいました.各務ヶ原線は直流1500V,美濃町線は直流600V電化であったため,田神駅で各務原線から分岐してすぐのところにデッドセクションがありました.

 ここでは複電圧車と呼ばれる,両方の電圧に対応できる車両が使用されていました.ただし,電圧切換は運転士の操作ではなく自動で行なわれていたようです.

 
  • 写真1
    1) 1500V側から見たデッドセクション.右に見える線路は各務原線.
  • 写真2
    2) 600V側から見たデッドセクション.セクションインシュレータが2ヶ所にあって,その間(架線柱1区間分)が無電区間(死区間)になっていました.
  • 写真3
    3) 1500V側のセクションインシュレータ部を拡大して見たところ.直流区間の駅構内などで使われているものとほとんど同じ構造ですが,電流中断を防ぐためのスライダはついていません.
  • 写真4
    4) 600V側のセクションインシュレータ部を拡大して見たところ.
  • 写真5
    5) デッドセクションの入り口(左)と出口(右)に立っていた標識.「死区間」と漢字で書かれると,ちょっぴり物騒な気がします・・・.
  • 写真6
    6) 廃止後(2006年4月)に撮影した死区間標.字が全体的に大きく,目立つようになっていました.
  • 写真7
    7) デッドセクションを通過する美濃町線用複電圧車.
  • 写真8
    8) デッドセクションを通過後,各務原線田神駅に進入する複電圧車.
  • 写真9
    9) 廃止後(2006年4月)のデッドセクションの様子.デッドセクションのすぐ先に車止があり,その奥は柵で塞がれていました.田神線は全線が「死区間」になってしまいました・・・.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る