箱根登山鉄道 箱根湯本駅構内の異電圧直直セクション


トップページ>異電圧直直セクション>箱根登山鉄道 箱根湯本駅構内の異電圧直直セクション

 箱根登山鉄道は,小田原と箱根の強羅間を結ぶ,日本唯一の本格的な登山電車です.80パーミル(1kmの間に80m登る)という,通常の粘着式鉄道の限界に近い急勾配や3箇所のスイッチバック,そして半径30mの急カーブなど,見どころが大変多い鉄道です.

 箱根登山鉄道の軌間は1435mm(標準軌)ですが,小田原-箱根湯本間には軌間1067mm(狭軌)の小田急の特急,急行電車が乗り入れています.かつては箱根登山鉄道の電車が小田原駅まで入線していたため,小田原から箱根湯本に向かって進行方向右側のレールを両者で共有し,左側のレールをそれぞれの軌間に合わせて敷設した3線軌条となっていました.現在は箱根登山鉄道の電車は箱根湯本-強羅間のみの運行となったため小田原駅構内の3線軌条は廃止されましたが,箱根登山鉄道の車庫が入生田にある関係で箱根湯本-入生田間のみ3線軌条が残されています.

 また,架線電圧についても小田原-箱根湯本間が直流1500V,箱根湯本-強羅間は直流750Vと異なっています.入生田の車庫に入線する必要がある箱根登山鉄道の車両は両方の電圧に対応する複電圧車となっています.このため,箱根湯本駅の構内(小田急用ホームへの線が分岐してすぐのところ)に直流1500V-直流750Vのデッドセクションが設置されています.

 
  • 写真1
    1) 3線軌条時代の小田急小田原駅のホームから箱根湯本方を見たところ.狭軌・標準軌・3線軌の線路が複雑に絡み合っていました.
  • 写真2
    2) 2006年6月現在の箱根登山鉄道小田原駅の様子.2006年3月に標準軌の登山電車の乗り入れが廃止されたため,専用ホームは使用休止になり,線路には錆が浮いています.
  • 写真3
    3) 2006年6月現在の小田原駅西方の様子.この時点では標準軌のレールは錆び付いているもののそのまま残されていました.また,登山電車用の出発信号機に×印が取り付けられ,使用停止になっていました.
  • 写真4
    4) 箱根湯本駅の全景.一番山側の線路が箱根登山鉄道の本線で,ここにデッドセクションが設けられています.
  • 写真5
    5) デッドセクションの1500V側(小田原側)入口.画面上のやや右側にセクションインシュレータが見えます.また,架線柱のビームに,デッドセクションの存在を示す標識(白地に赤斜線)が設置されています.
  • 写真6
    6) セクションインシュレータの拡大.直流区間の駅構内でよく用いられているのと同じタイプです.また,デッドセクション自体は名鉄の田神にあったものとほとんど同じで,2つのセクションインシュレータの間が長さ数10mの無電区間となっています.
  • 写真7
    7) 小田急車用ホームから見た架線死区間標識.
  • 写真8
    8) デッドセクション手前にあった標識.
  • 写真9
    9) 箱根湯本駅ホームから小田原方を見たところ.奥に見える3線軌ポイントから一番左へ分岐する線路が箱根登山鉄道の本線(標準軌).手前の2線が小田急の急行・特急用ホームです.
  • 写真10
    10) 早川対岸の湯本富士屋ホテルから見た異電圧セクションの全景.A,B二つのセクションインシュレータの間が無電区間になっています.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る