道南いさりび鉄道 木古内き電区分所の異電圧交交セクション


トップページ>デッドセクション>木古内き電区分所

 道南いさりび鉄道は2016年3月26日の北海道新幹線開業に伴い,並行在来線である江差線(五稜郭-木古内間)が第三セクターに転換された路線です.かつては木古内からさらに江差まで延びていましたが同区間はJR時代末期の2014年5月12日に廃止になりました.また,JR北海道の海峡線は津軽線の中小国(実際の分岐点は中小国起点2.3kmの新中小国信号場)と木古内を結ぶ87.8kmの路線です.これら両線にJR東日本の津軽線青森-中小国間を含めた区間は2016年3月26日までは「津軽海峡線」と呼ばれ,本州と北海道を結ぶ重要な交通手段となっていました.現在は定期の旅客列車はすべて廃止となりましたが,本州と北海道を結ぶ貨物列車の通り道として依然重要な役割を果たしています.

 一方,北海道新幹線は東北新幹線の新青森と函館本線の新函館北斗を結ぶ路線で,2016年3月26日に開業しました.北海道新幹線は新中小国信号場の函館方から青函トンネルを経由して木古内駅手前までの約82kmの区間を在来線の海峡線と共用しており,同区間は標準軌・狭軌の3線軌条となっています.

 津軽線青森-新中小国信号場および道南いさりび鉄道は交流20kV 50Hz電化,北海道新幹線は交流25kV 50Hz電化であるため,北海道新幹線開業時に共用区間の架線電圧が20kVから25kVに昇圧されました.そのため,これまで海峡線で使用されていた485系や789系などの電車,およびED79やEH500などの電気機関車は共用区間には乗り入れできなくなりました.貨物列車については海峡線専用の20kV/25kV複電圧仕様の交流電気機関車EH800を新たに導入することで対応していますが,在来線の定期旅客列車は前述のとおり全て廃止となりました.

 北海道新幹線・海峡線の共用区間が25kVに昇圧されたため,共用区間の両端にあたる本州側の津軽線 中小国-新中小国信号場間の中小国き電区分所と北海道側の木古内-札苅間の木古内き電区分所それぞれに設置されていた異相区分交交セクションが20kV/25kVの異電圧交交セクションに変更されました.

(注)写真はJR江差線時代の2015年9月(=異電圧セクションは試験運用中)当時のものです.

津軽海峡周辺の路線図

周辺の地図

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    電圧種別
    1) 木古内き電区分所のデッドセクション.奥に見えるのが2016年3月26日に開業した北海道新幹線の高架です.
  • 写真2
    2) 木古内き電区分所デッドセクションの架線死区間標識.通常の交交セクションと同じタイプです.
  • 写真3
    3) デッドセクションを真横から見たところ.無電区間の長さは交流区間で一般的に異相区分セクションとして用いられているものと同じく,FRPセクションインシュレータ2m×4本=8mとなっています.
  • 写真4
    4) デッドセクションを違う角度から見たところ.
  • 写真5
    5) 取材当時,北海道新幹線では開業に向けて架線作業が行われていました.
  • 写真6
    6) 函館方から見たデッドセクション(踏切から撮影).
  • 写真7
    7) 架線柱に取り付けられた架線死区間予告標.
  • 写真8
    8) 交流25kV ATき電線交流25kV トロリー線交流20kV ATき電線交流20kV トロリー線それぞれのき電区分所構内への接続部.
  • 写真9
    9) き電区分所構内への接続部をやや角度を変えて見たところ.
  • 写真10
    10) き電区分所構内への接続部をさらに角度を変えて見たところ.
  • 写真11
    11) き電区分所構内への接続部を線路の山側(北西側)から見たところ.
  • 写真12
    12) 接続部のATき電線支持部分.左側が青森方(25kV加圧)・懸垂碍子5連,右側が函館方(20kV加圧)・懸垂碍子4連で支持されています.
  • 写真13
    13) き電区分所構内の全体.線路より1段高くなっており,道南いさりび鉄道と北海道新幹線に挟まれた場所にあります.
  • 写真14
    14) 函館方,青森方それぞれへのトロリー線(T)・ATき電線(F)および中性線(N)の引き出し部分.
  • 写真15
    15) トロリー線・ATき電線引き出し部分を別の角度からみたところ.手前から中性線,函館方トロリー線,函館方ATき電線,青森方トロリー線,青森方ATき電線の順に並んでいます.トロリー線,ATき電線とも,手前の函館方(20kV)と奥の青森方(25kV)では碍子の数が異なるのが分かります.
  • 写真16
    16) 函館方(手前・AT13)および青森方(奥・AT11)それぞれのトロリー線とATき電線の間に接続された単巻変圧器.
  • 写真17
    17) 単巻変圧器の端子(ブッシング).こちらも手前の函館方と奥の青森方で長さとヒダの数が異なります.
  • 写真18
    18) 青森方単巻変圧器の制御盤.「新幹線側」の表記があります.
  • 写真19
    19) 函館方単巻変圧器の制御盤.こちらには「在来線側」の表記があります.
  • 写真20
    20) トロリー線・ATき電線それぞれに接続されたコンデンサーとコイルと思われる装置.おそらくフィルター回路を構成しているものと思われます.
  • 写真21
    21) JR時代の木古内き電区分所を通過する789系下り函館行き特急「スーパー白鳥」.
  • 写真22
    22) 木古内駅構内の跨線橋から青森方を見たところ.
  • 写真23
    23) JR時代の木古内駅を出発して函館へ向かう485系下り特急「白鳥」.北海道新幹線開業に伴い廃止となりました.
  • 写真24
    24) 木古内駅に停車中のキハ40気動車.木古内-江差間廃止後は木古内-函館間の普通列車に運用されています.奥に2016年3月26日に開業した新幹線新駅が見えます.
  • 写真25
    25) JR時代の木古内駅の駅名標.青森方の隣駅は知内駅でしたが2014年3月に廃止となったため,シールで津軽今別駅に変更されていました.津軽今別駅も北海道新幹線の開業準備のため2015年8月10日から全列車通過の休止状態となり,2016年3月26日に廃止となりましたが,同じ場所に新幹線の奥津軽いまべつ駅が開業しています.
  • 写真26
    26) 在来線ホームから新幹線新駅を見上げたところ.
  • 写真27
    27) 駅の外から見た道南いさりび鉄道の駅舎,奥に新幹線の新駅も見えます.
  • 写真28
    28) 北海道新幹線の開業に向けて行われていた駅前ロータリーの工事.
  • 写真29
    29) 工事中の駅前広場の向こうでは観光施設が開業の準備を行っていました.
  • 写真30
    30) 駅の外からみた新幹線新駅.
  • 写真31
    31) 木古内駅到着直前の下り特急「白鳥」車窓からみた海峡線共用区間からの新幹線-在来線分岐・合流部分.スノーシェッドで覆われているため暗くてわかりにくいですが,3線軌条から標準軌と狭軌を分けるポイントが見えます.
  • 写真32
    32) 新幹線-在来線の分岐・合流ポイント.新幹線が高速で通過できるよう,可動ノーズ式になっています.
  • 写真33
    33) 新幹線-在来線の分岐・合流部分.両者の軌間の違いが良く分かります.
  • 写真34
    34) 新幹線高架の両脇を地上に降りていく在来線のアプローチ線.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る