津軽線 中小国き電区分所の異電圧交交セクション


トップページ>デッドセクション>中小国き電区分所

 JR東日本の津軽線は青森と津軽半島の三厩を結ぶ路線で,青森から海峡線が分岐する新中小国信号場まで交流20kV 50Hzで電化されています(その先の三厩までは非電化).また,JR北海道の海峡線は津軽線の中小国(実際の分岐点は前述の新中小国信号場:中小国起点2.3km)と江差線の木古内を結ぶ87.8kmの路線で,2016年3月22日までは全線が交流20kV 50Hzで電化されていました.江差線(現 道南いさりび鉄道)木古内-五稜郭,函館本線五稜郭-函館間を含めた区間は「津軽海峡線」と呼ばれ,本州と北海道を結ぶ重要な交通手段となっていました.

 一方,北海道新幹線は東北新幹線の新青森と函館本線の新函館北斗を結ぶ路線で2016年3月26日に開業しました.海峡線と北海道新幹線は新中小国信号場の函館方から青函トンネルを経由して木古内駅手前までの約82kmの区間を共用しており,同区間は標準軌・狭軌の3線軌条となっています.

 在来線の津軽線・道南いさりび鉄道は交流20kV 50Hz,北海道新幹線は交流25kV 50Hz電化であり両者は架線電圧が異なっていますが,北海道新幹線の開業時に共用区間の架線電圧が20kVから25kVに昇圧されました.そのため,現在海峡線で使用されている485系や789系などの電車,およびED79やEH500などの電気機関車は共用区間には乗り入れできなくなりました.貨物列車については海峡線専用の20kV/25kV複電圧仕様の交流電気機関車EH800を新たに導入することで対応していますが,在来線の定期旅客列車は全て廃止となりました.

 北海道新幹線・海峡線の共用区間が25kVに昇圧されたため,共用区間の両端にあたる本州側の津軽線 中小国-新中小国信号場間の中小国き電区分所と北海道側の木古内-札苅間の木古内き電区分所の2ヶ所の異相区分交交セクションが20kV/25kV異電圧セクションに変更されました.

(注1)中小国き電区分所は田んぼの真ん中にあり,周辺の農道は一般車両進入禁止となっています.見学される方は節度をもった行動を心掛けるようお願いします.

(注2)写真は北海道新幹線開業前の2015年9月当時(異電圧セクションは試験運用中)のものです.

津軽海峡周辺の路線図

周辺の地図

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    1) 津軽線中小国駅の駅舎.
  • 写真2
    2) 津軽線中小国駅の駅名標.営業上は海峡線との分岐駅ですが,海峡線は全列車が通過していたため,隣接駅(津軽今別駅・当時は全列車通過の休止中)の記載がありません.
  • 写真3
    3) 中小国駅のホームから青森方を見たところ.
  • 写真4
    4) 中小国駅のホームから三厩・函館方を見たところ.遠くにデッドセクションの標識(架線死区間標識)が見えます.
  • 写真5
    5) 三厩・函館方を望遠レンズで捉えたところ.手前から順に架線死区間予告標架線死区間標識力行標が見えます.
  • 写真6
    6) デッドセクションの青森方に設置された下り列車用の架線死区間予告標.
  • 写真7
    7) 架線死区間予告標の拡大.一般的に設置されているものよりやや小ぶりです.
  • 写真8
    8) デッドセクションを青森方から見たところ.
  • 写真9
    9) デッドセクションを青森方からやや角度を変えて見たところ.
  • 写真10
    10) デッドセクションの拡大.長さは一般的な交交セクションと同じ,FRPインシュレータ(2m)×4本=8mとなっています.
  • 写真11
    11) デッドセクションを別方向から見たところ.最近主流になっている,吊架線の絶縁にポリマー碍子を用いたタイプです.
  • 写真12
    12) デッドセクションの青森方入口部の拡大.交流20kV区間の終端となっています.パンタグラフが高速で通過できるよう,独特な形状の金具が取り付けられています.
  • 写真13
    13) デッドセクションの函館方入口部の拡大.交流25kV区間の終端となっています.
  • 写真14
    14) デッドセクションの函館方に設置された力行標.運転士に惰行解除を示します.
  • 写真15
    15) 力行標の拡大.
  • 写真16
    16) デッドセクションの函館方に設置された上り列車用の架線死区間予告標.架線柱が右側にあるため,線路左側の独立した支柱に設置されています.
  • 写真17
    17) 上り列車用の架線死区間標識.交流区間の異相区分セクションに一般的に設置されているものと同じです.
  • 写真18
    18) デッドセクションの青森方,上り列車用の力行標.
  • 写真19
    19) 青森方のき電線引き留め部.き電線がデッドセクションの青森側の架線(トロリー線)に接続されています.
  • 写真20
    20) デッドセクションの函館方の架線柱.上端部にき電線が2本,ポリマー碍子で支持されています.
  • 写真21
    21) 架線柱上端のき電線の拡大.左側が青森方トロリー線へのき電線右側が青森方のATき電線です.対地電圧はいずれも20kVですが,互いに逆位相のため,線間電圧(=変電所からの送り出し電圧)は2倍の40kV(実際には末端の電圧降下を考慮して少し高め)となります.
  • 写真22
    22) 中小国き電区分所のゲート.JR東日本津軽線の沿線ですがJR北海道の設備であることが分かります.
  • 写真23
    23) き電区分所構内全体を線路側から見たところ.
  • 写真24
    24) 青森方(20kV)のき電線接続部.トロリー線へのき電線ATき電線が奥の1つ(函館側のATき電線引き留め)を除いて懸垂碍子4連およびヒダ12個(大小合わせて)のポリマー碍子で絶縁されています.
  • 写真25
    25) 青森方のき電線引き出し部.
  • 写真26
    26) 青森方のき電線引き出し部を別の角度から見たところ.
  • 写真27
    27) 青森方き電線の構内配線.やはり懸垂碍子4連で支持されています.
  • 写真28
    28) 青森方のトロリー線とATき電線の間に挿入された単巻変圧器(AT・オートトランス)右の四角い箱が本体で,中間タップ(真ん中の小さいブッシング)は中性線(=レール)に接続されています.
  • 写真29
    29) 函館方(25kV)のき電線接続部.トロリー線へのき電線,ATき電線とも青森方(20kV)より1個多い5連の懸垂碍子で支持されています.また,ポリマー碍子もヒダが多く長いものが用いられています.
  • 写真30
    30) 函館方のき電線引き出し部.3本の電線のうち一番奥がトロリー線へのき電線,真ん中がATき電線でいずれも対地電圧25kVですが互いに逆位相のため線間電圧は50kV(実際は末端の電圧降下を考慮して約60kV)となります.一番手前は中性線でレールに接続され,対地電圧が低いため小さな碍子1つで支持されています.
  • 写真31
    31) 函館方のき電線引き出し部を別の角度から見たところ.
  • 写真32
    32) 函館方き電線の構内配線.こちらも25kV加圧のため青森方より1個多い懸垂碍子5連で支持されています.
  • 写真33
    33) 函館方のトロリー線とATき電線の間に挿入された単巻変圧器.25kV対応のためか,青森方のものよりやや大型です.
  • 写真34
    34) デッドセクションに青森方から進入するJR北海道789系下り特急「スーパー白鳥」.
  • 写真35
    35) デッドセクション通過中の789系.交流20kV区間専用のため,今後は道内での運用に転用される予定です.
  • 写真36
    36) デッドセクションに青森方から進入するEH500牽引の下りコンテナ貨物列車.現在はは海峡線からは撤退し,青森以南での運用となっています.
  • 写真37
    37) デッドセクション通過中のEH500牽引コンテナ貨物列車.
  • 写真38
    38) 函館方の区間にパンタグラフが進入した瞬間.金具との間で一瞬スパークが起きました.
  • 写真39
    39) デッドセクション通過中のEH500牽引上りコンテナ貨物列車.
  • 写真40
    40) デッドセクションに青森方から進入するハイブリッド気動車HB-E300系の三厩行き「リゾートあすなろ」.
  • 写真41
    41) デッドセクション通過中のハイブリッド気動車HB-E300系の「リゾートあすなろ」.気動車のため,デッドセクションや架線電圧の違いとは全く無関係の存在です.
  • 写真42
    42) デッドセクションを通過し三厩方面に向かうキハ40形下り普通列車.こちらもデッドセクションや架線電圧とは全く関係がありません.
  • 写真43
    43) デッドセクション付近から見た大平付近の北海道新幹線の高架橋.
  • 写真44
    44) 開業に向け準備工事中だった北海道新幹線の高架橋.画面奥から高架橋をくぐり左へ向かうのが海峡線の下り線です.
  • 写真45
    45) 新青森方へ延びる北海道新幹線の高架橋.
  • 写真46
    46) 本州側の新幹線・在来線合流地点.
  • 写真47
    47) 新幹線・在来線合流地点のレール.手前から海峡線上り(狭軌)・北海道新幹線上り(標準軌)・北海道新幹線下り(標準軌)・海峡線下り(狭軌)となります.
  • 写真48
    48) 新幹線・在来線合流地点を別の角度から見たところ.
  • 写真49
    49) 大平トンネル入口の上から見た北海道新幹線 新青森方.
  • 写真50
    50) 新幹線・在来線合流地点を函館方に向かう789系特急「スーパー白鳥」
  • 写真51
    51) 新幹線・在来線共用区間を出て青森方へ向かうEH500牽引上りコンテナ貨物列車.
  • 写真52
    52) 北海道新幹線の高架をくぐり新幹線・在来線合流地点に向かうEH500牽引下りコンテナ貨物列車.
  • 写真53
    53) 新幹線・在来線共用区間に進入するEH500牽引下りコンテナ貨物列車.
  • 写真54
    54) 新中小国信号場通過中の下り特急「白鳥」車内から見たJR東日本・JR北海道境界点の標識.
  • 写真55
    55) 下り特急「白鳥」の車内から見た新幹線・在来線合流地点.津軽線と別れ,右へカーブして北海道新幹線の本線をくぐります.
  • 写真56
    56) 新幹線・在来線合流地点直前の車窓.
  • 写真57
    57) 大平トンネル進入直後.暗くて分かりにくいですが,新幹線(標準軌)・在来線(狭軌)の合流ポイント(分岐器)があります.新幹線が高速で通過できるよう可動ノーズ式になっているようです.
  • 写真58
    58) 新幹線・在来線共用区間走行中の下り特急「白鳥」の車窓.
  • 写真59
    59) 津軽今別駅構内.3線軌から一時的に標準軌・狭軌別々の線路に別れます.外側の狭軌の線路には貨物列車用の待避線が,内側の標準軌の線路には新幹線の新駅「奥津軽いまべつ駅」が設置されました.
  • 写真60
    60) 津軽線内ですれ違ったEH800牽引の上りコンテナ貨物列車.新在共用区間を通過できるのは気動車を別にすれば複電圧対応の本形式のみとなります.
  • 写真61
    61) EH800の側面には波のような模様があしらわれています.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る