つくばエクスプレス みどりの-万博記念公園間の
異相区分交交セクション


トップページ>異相区分交交セクション>つくばエクスプレス みどりの-万博記念公園間の異相区分交交セクション

 つくばエクスプレスは守谷-つくば間が交流電化区間ですが,途中みどりの-万博記念公園間に唯一の異相区分用セクション(交交デッドセクション)が存在します.

 
  • 写真1
    1) 交交セクション手前にある架線死区間標識.JRのものは黄色地に黒斜線2本ですが,つくばエクスプレスでは白地に赤斜線2本になっています.
  • 写真2
    2) 交交セクション直前の惰行標.線路間に自動惰行用と思われるATC地上子が見えます.
  • 写真3
    3) 交交セクション入口.架線死区間標識とFRPインシュレータセクションが見えます.交交セクションにしては長く,交→直セクションと同じ26mぐらいの長さになっています.
  • 写真4
    4) 交交セクション出口.架線死区間標識に似た標識が見えますが,斜線が紺色になっています.JRの交交セクションにはこのような標識はありません.
  • 写真5
    5) 交交セクション出口の力行標.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る