つくばエクスプレス 守谷-みらい平間のセクション


トップページ>交直セクション>つくばエクスプレス 守谷-みらい平間の交直セクション

 つくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)は,秋葉原-つくば間を結ぶ全長58.3kmの路線で,2005年8月24日に開業しました.つくばエクスプレスの秋葉原側は直流1500Vで電化されていますが,つくば側は茨城県石岡市(旧新治郡八郷町)柿岡にある地磁気観測所の35km圏内にあるため直流電化とすることができません.そこで,常磐線の取手以北と同様に交流20000V 50Hzで電化されました.このため,秋葉原起点40.7km付近(守谷-みらい平間)に交直切換を行うデッドセクションが設置されました.なお,常磐線藤代駅構内のデッドセクションは小貝川よりも手前(上野方)にありますが,つくばエクスプレスのデッドセクションは小貝川を渡ってつくば方に1kmほど行ったところの田園地帯の真ん中にあります.


交直セクションと地磁気観測所の位置関係

周辺の地図

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    1) (下り線)小貝川を渡った後の右カーブの途中にある架線死区間予告標識.
  • 写真2
    2) 1)の先にある惰行標.
  • 写真3
    3) カーブの終わりにある交直切換標.「切換」と書かれています.すぐ先の線路間にあるのが,おそらく交直自動切換のためのATC地上子だと思われます.
  • 写真4
    4) 3)を地上から見上げたところ.
  • 写真5
    電源種別
    5) デッドセクション入り口.架線死区間標識が見え,架線がFRPインシュレータで絶縁されています.
  • 写真6
    6) 架線死区間標識を地上から見たところ.電照式にはなっていません.
  • 写真7
    7) デッドセクション区間内の防音壁上端には無電区間を示す赤い線が引かれています.
  • 写真8
    電源種別
    8) デッドセクション全体を地上から見上げたところ.右が守谷方(直流),左がみらい平方(交流).
  • 写真9
    9) セクションインシュレータを拡大したところ.ツインシンプルカテナリーのデッドセクションは非常に珍しいです.また,吊架線はポリマー碍子で絶縁されています.
  • 写真10
    10) デッドセクション出口.架線死区間標識のようなものがありますが,縞が紺色になっています.JRのセクションにはこのような標識はなく,つくばエクスプレスのオリジナルのようです.また,インシュレータ終端からここまでの防音壁上端には赤い点線が引かれています.
  • 写真11
    11) 10)の標識を地上から見上げたところ.
  • 写真12
    12) 力行標.列車はここから再加速します.なお,つくばエクスプレスの惰行標・力行標は快速用(橙)と普通用(白)に分けられているのが特徴です.
  • 写真13
    13) (上り線)セクションの架線死区間予告標.
  • 写真14
    14) (上り線)セクションの惰行標.
  • 写真15
    15) 運転台の交直切換スイッチ.「交」側のランプが点灯しています.
  • 写真16
    16) 交直切換標.下り線とは逆に「直切換」となっています.
  • 写真17
    電源種別
    17) デッドセクション交流側入り口.
  • 写真18
    18) デッドセクション区間内.上り線側(交→直)の無電区間は下り線(直→交)より短くなっています.
  • 写真19
    19) デッドセクション出口.
  • 写真20
    20) 直流側の力行標.左カーブを曲がった先で小貝川橋りょうを渡ります.
  • 写真21
    21) 上り線の力行標を地上から見たところ.
  • 写真22
    22)  セクション通過後の運転台.「直」側のランプが点灯しています.
  • 写真23
    23) デッドセクション通過中のTX2000系交直流電車(つくば行き快速).
  • 写真24
    24) 守谷駅を発車するTX2000系秋葉原行き快速.つくばエクスプレスにはほかに直流専用のTX1000系があり,守谷止まりの普通列車に使用されています.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る