山陽本線 門司駅構内のセクション


トップページ>交直セクション>山陽本線 門司駅構内の交直セクション

 九州内のJR在来線は交流20kV60Hzで電化されています(福岡市営地下鉄と相互乗り入れを実施している筑肥線(直流1500V)を除く).本州側は直流1500V電化のため,関門トンネルを出て坂を登りきったところの門司駅構内に交直セクションが設置されました.

 デッドセクションは上下線とも上述の関門トンネルの出口にあり,本州へ直通する旅客列車はすべてここを通ります.上り列車は発車してすぐ惰行に入り,列車がまだホーム内にあるうちからABBを動作させて切換操作に入ります.

門司駅を発車した下関行き415系電車のABB動作音(mp3形式, 286 KB)

また,駅停車中に切換テストを行うため,交直切換時の音や屋上の切換器の動作を間近で体験するには最適な場所であるといえます.おすすめは構内の跨線橋で,6番線に停車する列車の切換試験の様子を上から間近で観察することができます.また,ガラス越しにはなりますが,5番線に停車する列車の切換試験の様子も観察可能です.

交直切換テストの動画・音声

ABB動作(YouTube動画)
交直切換テストの様子(跨線橋から見たところ)(YouTube動画)
交直切換テストのABB動作音(mp3形式, 902 KB)


門司駅の構内配線略図

下り線貨物列車用セクションの配置

 また,門司駅にはトンネル出口以外にもう一箇所交直セクションがあります.門司駅は鉄道における九州唯一の出入り口であり,東京,大阪方面と九州各地を結ぶ大動脈上に存在しているため,旅客列車の他にかなりの本数の貨物列車が通過しています.上り(本州方面行き)貨物列車は,旅客列車と同じように交流→直流セクションを通過した後に関門トンネルへの坂を下っていきます.

 一方,下り(九州方面行き)貨物列車は,先頭の機関車が坂を登りきった直後に直流→交流の切換操作を行わなければなりません.貨物列車(コンテナ貨物が主)は旅客列車より編成が長いので,編成後部はまだトンネル出口の急勾配の途中にあり,ここで切換操作のために惰行すると,下手をすると坂を登りきれなくなる可能性もあります(上図(A)).

 このため,門司駅の小倉(博多)方,門司操車場への線路の途中に下り貨物列車専用のデッドセクションが設けられることとなりました(上図(B)).

周辺の地図

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    1) 上り貨物線・上り5番線の手前にある交直切換標.
  • 写真2
    2) 上り5番線の先端にあった交直切換標.
  • 写真3
    3) 2010年6月に訪れたところ上り5番線先端の交直切換標が交換されていました.
  • 写真4
    4) 上り6番線先端の交直切換標.5番線のものとデザインが違います.
  • 写真5
    5) 上り5番線の先の架線柱に取り付けられた交直切換標.冒進時のリスクが高い交→直切換であることに加え,発車すぐの切換でもあるため,数々の個性的な標識で交直セクションの存在を目立たせているようです.
  • 写真6
    6) 同じ交直切換標の2010年6月の様子.日に当たったせいか赤い文字が少し色褪せています.
  • 写真7
    7) 5番線先端の架線ビームに取り付けられた架線死区間予告標.
  • 写真8
    8) 4番線先端から交直セクション・関門トンネル入口を見たところ.上り方向への出発に備えて下りホームの上り方にも交直切換標が設置されています.
  • 写真9
    電源種別
    9) 上り線のデッドセクションを下り4番線ホーム端から見たところ.長さはセクションインシュレータ13個で26mです.吊架線も懸垂がいしによって13ヶ所すべてで絶縁されています(他の交直セクションでは中間部の絶縁が省略されている場合が多いです)
  • 写真10
    電源種別
    10) 上り線デッドセクションを駅の外から見たところ.セクションインシュレータが古いためか,かなり黒く変色していました.
  • 写真11
    11) 同じ場所の2010年6月の様子.前回訪問時からセクションインシュレータが交換・または清掃されたようで,少し白さを取り戻しています.
  • 写真12
    12) 下り4番線上,逆向き(上り方向)に設置された架線死区間予告標.
  • 写真13
    13) 下り3番線の上り方にある交直切換標.上り5番・6番ホームのものとはデザインが異なります.
  • 写真14
    14) 下り2番線の上り方にある交直切換標.こちらも他のホームのものとはデザインが異なります.このように2・3・5・6番ホームの標識のデザインがすべてバラバラである理由はよく分かりませんが,目立ち易さの比較試験をしているのかも知れません.
  • 写真15
    15) 下りホーム端に設置された交直切換標.こちらはかなり以前からこのデザインで同一のものが上り線側にもあります.非常に目立つため,門司駅を象徴する標識として写し込んだ作品も数多く見かけます.
  • 写真16
    16) 2010年6月に訪れたところ,下りホーム端の交直切換標が少し傾いていました.
  • 写真17
    17) 下り線のデッドセクションを下りホーム端から見たところ.
  • 写真18
    18) 下り線のデッドセクション出口には逆線出発用の架線死区間標識が反対向き(上り方向)に取り付けられています.
  • 写真19
    19) 関門トンネル出口の配線.手前のシーサスクロッシングの先に見えるのが下り旅客線と貨物線を分ける分岐器で,両者の間がちょうど無電区間となっています.その先にもう一組のシーサスクロッシングが見えますが,逆線出発時や関門トンネル保守の際の単線運転時に使用されます.
  • 写真20
    20) 上り線関門トンネル入り口手前の惰行解除標識(力行標).
  • 写真21
    21) 下り線関門トンネル出口の上り坂を登りきったところにある交直切換標.
  • 写真22
    22) 下り線のデッドセクションを線路脇から見たところ.
  • 写真23
    23) 下り線セクションインシュレータの拡大.
  • 写真24
    電源種別
    24) 下り線デッドセクションを反対側から見たところ.
  • 写真25
    25) 下り線デッドセクション出口の惰行解除標識(力行標).しかしすぐ先がホームなので,停車列車はほとんど惰行状態のまま進入していきます.
  • 写真26
    26) 下り貨物線(直流1500V電化)の上に設置された架線死区間予告標.
  • 写真27
    電源種別
    27) 4番線(交流20kV-右)と貨物専用の通過線(直流1500V-左)の架線.貨物線側にのみ直流き電線が設置されています.
  • 写真28
    28) 下り線の貨物用デッドセクション手前にある惰行標.
  • 写真29
    29) 貨物線用デッドセクションのすぐ手前に設置された交直切換標.上り線とは逆に「直交注意」となっています.
  • 写真30
    30) 2010年6月に訪れると交直切換標の色が変わっていました.
  • 写真31
    電源種別
    31) 下り貨物線用デッドセクション.4番ホームの小倉方からよく見えます.
  • 写真32
    32) 下り貨物線セクションの2010年6月現在の様子.
  • 写真33
    33) 貨物線用セクションは下り勾配上にあり,その先は北九州貨物ターミナルの構内に繋がっています.
  • 写真34
    34) 門司駅構内の小倉方にある変電所.鹿児島本線小倉方・門司港方に交流20kV電源・山陽本線下関方に直流1500V電源を供給しています.
  • 写真35
    35) 関門トンネル出口を登ってきたEF81重連の単機回送列車.ポイントを右(画面では左)に分岐して下り貨物線(直流電化)に進入します.
  • 写真36
    36) 下り貨物線を通過中のEF81重連単機回送列車.このあたりで交直切換を行い,貨物列車用デッドセクションに進入していきます.
  • 写真37
    37) 2007年から首都圏-北海道間に加えて関門トンネルでも運用が開始されたEH500交直両用電気機関車.2010年6月現在では6両が配置され,日中の運用のほとんどがEF81から置き換えられました.
  • 写真38
    38) 415系が停車中の4番線横を通過し,貨物列車用デッドセクションに向かうEH500牽引コンテナ貨物列車.
  • 写真39
    39) 下り貨物線用セクションを通過するEH500牽引コンテナ貨物列車.
  • 写真40
    40) 北九州貨物ターミナルから門司駅構内に進入するEH500牽引上りコンテナ貨物列車.
  • 写真41
    41) 上り貨物列車は下りとは異なり,デッドセクションの直前で旅客線に合流して同じデッドセクションを共用しています.
  • 写真42
    42) 関門間の上下列車数の偏りを解消するための単機回送列車も多数設定されています.
  • 写真43
    43) 上りデッドセクションを通過する幡生操車場行きの単機回送列車.
  • 写真44
    44) 下り線旅客用デッドセクションを通過して門司駅4番線に進入する415系小倉行き普通列車.
  • 写真45
    45) 同じく門司駅へ到着する415系小倉行き普通列車ですが,こちらは2番線に進入します.
  • 写真46
    46) 2番線に停車中の415系小倉行き普通列車.
  • 写真47
    47) 下りデッドセクションを通過する415系1500番台小倉行き普通列車.以前と比べると日豊線・鹿児島本線博多方面へ直通せず,小倉止まりとなる列車が多くなりました.
  • 写真48
    48) 門司駅に到着した415系山陽本線上り下関行き電車.
  • 写真49
    49) デッドセクションを通過する上り電車は門司駅停車中に交直切換のテストを行います(交直切換スイッチを「直」側に操作し,「交」へ戻す).切換動作中のため,前照灯が片側消灯しています.
  • 写真50
    50) 構内跨線橋から見た,上り6番線に停車中の下関行き列車の屋根上.
  • 写真51
    51) 交直切換試験の様子(1).運転台の交直切換スイッチを「直」側へ操作することによりABB(空気遮断器・画面上の横向き碍子)が作動し,直ちにABBに併設された断路器が開いて絶縁が確保されます.動画はこちらをクリック
  • 写真52
    52) 交直切換試験の様子(2).続いて交直切換器が直流側へ転換されますが,ABBが開放されているため直流回路に交流電圧が印加されることはありません.動画はこちらをクリック
  • 写真53
    53) 交直切換試験の様子(3).運転台の交直切換スイッチを「交」側へ戻すと交直切換器が再び交流側へ転換されます.動画はこちらをクリック
  • 写真54
    54) 交直切換試験の様子(4).交直切換スイッチの「交」側と計器用変圧器(パンタグラフに直結)での交流電圧検知の条件が揃うとABB(および併設された断路器)が投入され,切換試験は終了します..動画はこちらをクリック
  • 写真55
    55) 門司駅に3編成の415系が揃った瞬間.左から4番線の下り小倉行き・5番線の上り下関行き・6番線の上り門司港行き.
  • 写真56
    56) 上りデッドセクションを通過して関門トンネルへ向かう415系上り下関行き列車.
  • 写真57
    57) 上りデッドセクションを通過して関門トンネルへ向かう415系1500番台上り下関行き列車.
  • 写真58
    58) 線路脇から見たデッドセクション通過中の415系下関行き上り列車.
  • 写真59
    59) 線路脇から見たデッドセクション通過中の415系小倉行き下り列車.
  • 写真60
    60) デッドセクション脇を通過する811系鹿児島本線鳥栖行き下り列車.
  • 写真61
    61) 運転台にあるランプ.一番右にある「補助圧縮機全起動」ランプは,交流区間では消灯しています.
  • 写真62
    62) 5番線を発車直後の下関行き普通列車の前面展望.ポイントを右に曲がり,関門トンネルへ向かいます.先には6番線を同時発車した門司港行き列車が見えます.
  • 写真63
    63) デッドセクション進入直前.右には下り線デッドセクションも見えます.
  • 写真64
    64) 上り線のセクションインシュレータに差し掛かるところ.左には架線死区間標識がわずかに見えます.
  • 写真65
    65) 下関行き列車はデッドセクションを抜けた直後に関門トンネル入り口に進入します.
  • 写真66
    66) 直流区間に入ると「補助圧縮機全起動」ランプが点灯します.
  • 写真67
    67) 関門トンネル本州側入り口に差し掛かる下り列車の前面展望.
  • 写真68
    68) 関門トンネルを抜けた直後の下り列車の前面展望.単線並列式のため,上り線,下り線の両方に架線死区間予告標が見えます.
  • 写真69
    69) 上り坂を登りきったところにある交直切換標.
  • 写真70
    電源種別
    70) 旅客列車用デッドセクションに差し掛かる下り普通列車の前面展望.貨物列車はデッドセクション手前で右へ分岐して貨物線(直流1500V電化)を通過します.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る