東北新幹線-田沢湖線 盛岡駅構内の新在直通異電圧交交セクション


トップページ>異電圧交交セクション>東北新幹線-田沢湖線 盛岡駅構内の新在直通異電圧交交セクション

 東京と秋田を結ぶ「秋田新幹線こまち」は,東京から盛岡まで東北新幹線上を,「はやて」に併結されて走り,盛岡で切り離されて在来線の田沢湖線・奥羽本線に乗り入れています.田沢湖線の盛岡-大曲間は従来の1067mm(狭軌)から1435mm(標準軌)に改軌されました.また,奥羽本線の大曲-秋田間は狭軌の単線と標準軌の単線が並んだ「単線並列」になっています.(列車の行き違いのため,一部駅・区間は3線軌になっています).

 架線の電圧については,在来線の標準である20kV,50Hzのままとされたため,新幹線の標準である25kVの区間との境界に異電圧交交セクションが設けられました.

 この交交セクションは新幹線の盛岡駅から分岐して在来線の田沢湖線に合流するアプローチ線の高架橋上にあります.このため,同じ新在直通のために設置された福島の交交セクションにくらべると観察しづらいのが残念です.

周辺の地図

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    1) 八戸行き東北新幹線「はやて」から見た異電圧セクション付近の様子.新幹線からのアプローチ線(右側)が田沢湖線在来線ホームからの線路(左側)が合流する直前の所に新在直通異電圧交交セクションがあります.
  • 写真2
    2) 交交セクション部分.手前がアプローチ線の25kV(左側)-20kV(右側)異電圧セクション,奥が田沢湖線在来ホームへつながる線路の異相区分用セクションです.
  • 写真3
    3) 東北新幹線-田沢湖線の分岐点付近の様子.画面右手前から中央奥へ延びるのが八戸方面への東北新幹線本線,そこから左へ分岐していくのが新在直通アプローチ線,地上を東北新幹線と平行に走るのがIGRいわて銀河鉄道(元の東北本線),地上から左奥へ上がっていくのが田沢湖線の本線です.
  • 写真4
    4) 東北新幹線からのアプローチ線と田沢湖線の本線を違う角度から見たところ.
  • 写真5
    5) 架線死区間予告標.左が田沢湖線の異相区分交交セクション,中央がアプローチ線の異電圧交交セクションのものです.
  • 写真6
    電圧種別
    6) デッドセクション部分.架線死区間標識(交交用)が見えます.右が新在直通異電圧セクション,左が田沢湖線本線の異相区分セクションですが,同じ形状,長さ(8m)です.
  • 写真7
    7) デッドセクション部分を違う角度から見た所.手前が田沢湖線異相区分セクション,奥が新在直通異電圧セクション.
  • 写真8
    8) デッドセクション秋田側出口の力行標.
  • 写真9
    9) 秋田方の架線死区間予告標.中継信号機のすぐ手前にあります.
  • 写真10
    10) 異電圧セクションにさしかかる東京行きのE3系秋田新幹線「こまち」.
  • 写真11
    11) デッドセクション盛岡側出口の力行標.
  • 写真12
    12) 異相区分セクションを通過中の田沢湖線下り普通列車.
  • 写真13
    13) 八戸発「はやて」と連結するために接近中の「こまち」
  • 写真14
    14) 東京行き「はやて」と「こまち」連結の様子.
    連結シーンの(疑似)動画(WMV形式,919KB)
  • 写真15
    15) 田沢湖線普通列車に使用される標準軌仕様の701系5000番台.
  • 写真16
    16) 盛岡駅構内には標準軌と狭軌が交差する非常に珍しいクロッシングがあります.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る