東海道新幹線 熱田き電区分所の異相区分切替セクション


トップページ>異相区分切替セクション>東海道新幹線 熱田き電区分所の異相区分切替セクション

 東海道新幹線の熱田き電区分所は三河安城駅と名古屋駅の間に設置されており,大高変電所と新枇杷島変電所のき電境界となっています.

 熱田き電区分所は開業当初はき電区分所として設置されましたが,東海道新幹線がBTき電方式からATき電方式に変更された際に刈谷き電区分所など,他のいくつかのき電区分所とともに補助き電区分所に格下げされています.そのため,地図上には「熱田補助き電区分所」として記載されており,実際に熱田補助き電区分所の銘板の付いた建物も現存します.しかし,その後の「のぞみ」の設定と増発に伴う電源増強によって,再びき電区分所に格上げされたという経緯を持つようで,現在は中セクションも設置されて実際に異相区分切替セクションを持つき電区分所として機能しています.

 
  • 写真1
    1) 西側から見た熱田き電区分所の鉄構.
  • 写真2
    2) 南側から見た熱田き電区分所の鉄構.
  • 写真3
    3) 敷地が狭いため,一部のき電設備は建物の屋上にも設置されています.
  • 写真4
    4) 北側から見た熱田き電区分所の鉄構.線路方向に伸びるトロリー線,ATき電線が線路に直角に張られた電線に接続され,向こう側に引き下ろされています.
  • 写真5
    5) 東側から見た熱田き電区分所の鉄構.
  • 写真6
    6) き電区分所の鉄構は大きく2つのブロックに分かれており,北西側(博多方)の鉄構は補助き電区分所時代のもので,現在は上部でATき電線を支持しているだけで電線自体はどこにも接続されていません.
  • 写真7
    7) 旧 熱田補助き電区分所の銘板(敷地外から撮影).
  • 写真8
    8) 下り線東京方のトロリー線への接続部.
  • 写真9
    9) 下り線切替セクション入口のエアセクション.
  • 写真10
    10) 下り線切替セクション入口を交差する道路に架かる歩道橋から見たところ.
  • 写真11
    11) 切替セクションの中セクション区間内.東京方へのATき電線とトロリー線へのき電線が上下線それぞれに設置されています.き電線の支持の仕方が独特です.
  • 写真12
    12) 熱田き電区分所の前後は線路が市街地に対して斜めに通過しているため,架道橋の関係で線路に対して斜めに設置された架線柱が多いです.
  • 写真13
    13) き電区分所の鉄構付近から東京方を見たところ.
  • 写真14
    14) 下り線中セクションへのトロリー線接続部.
  • 写真15
    15) 下り線切替セクション出口のエアセクション.
  • 写真16
    16) 下り線切替セクション出口のエアセクションを真横から見たところ.
  • 写真17
    17) 下り線切替セクション出口のエアセクションを西側から見たところ.
  • 写真18
    18) 下り線博多方へのトロリー線接続部.
  • 写真19
    19) 上り線博多方へのトロリー線接続部.
  • 写真20
    20) 上り線切替セクション入口のエアセクション.
  • 写真21
    21) 上り線切替セクション入口のエアセクションを東側から見たところ.
  • 写真22
    22) 上り線中セクションへのトロリー線接続部.
  • 写真23
    23) この付近の東海道新幹線は名古屋貨物ターミナルと笠寺を結ぶ予定だった南方貨物線の未成線と並行しています.
  • 写真24
    24) 上り線切替セクション出口のエアセクション.
  • 写真25
    25) 上り線切替セクション出口のエアセクションを堀川にかかる東海通の橋から見たところ.
  • 写真26
    26) 上り線切替セクション出口のエアセクション.堀川にかかる橋梁上に設置されています.
  • 写真27
    27) 上り線東京方へのトロリー線接続部.
  • 写真28
    28) 熱田き電区分所の最寄り駅,地下鉄名港線六番町駅の上空.東海道新幹線が国道1号(旧東海道)の上を斜めに跨ぎ,さらにその上を名古屋高速4号東海線を跨いでいます.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る