東海道新幹線 三河安城-名古屋間の
異相区分切替セクション
(大高変電所)

隣接セクション
(新大阪方)
熱田き電区分所
left大高変電所right(東京方)
刈谷き電区分所

トップページ>異相区分切替セクション>東海道新幹線 三河安城-名古屋間の異相区分切替セクション(大高変電所)

 東海道新幹線の大高変電所は三河安城駅と名古屋駅の間に設置されており,通常時は刈谷き電区分所から熱田き電区分所までの電力供給を担当しています.

 
  • 写真1
    1) 大高変電所の正門.
  • 写真2
    2) 大高変電所から鉄構へのき電線引き出し部.
  • 写真3
    3) 大高変電所の線路に面した出力側.東海道新幹線の変電所・き電区分所でよくみられる,屋根の上にまで一杯に電力機器を乗せたメカニカルな外観です.
  • 写真4
    4) 大高変電所から引き出されたき電線をトロリー線に接続するための鉄構.
  • 写真5
    5) 鉄構を並行する道路から見上げたところ.トロリー線に接続されるき電線やATき電線が縦横に張られ,ジャンパー線で相互に接続されています.
  • 写真6
    6) 鉄構内にある下り線中セクション内トロリー線へのき電線接続部.ちょうどN700系下り列車が通過中です.
  • 写真7
    7) 鉄構の1スパン新大阪方にある上り線中セクション内トロリー線へのき電線接続部.
  • 写真8
    8) 東京方トロリー線へのき電線とATき電線.名古屋第二環状自動車道と平行する国道302号線の橋桁からぶら下げられています.
  • 写真9
    9) 中性線の接続部.インピーダンスボンドを介してレールに接続されているものと思われます.
  • 写真10
    10) 下り線新大阪方のエアセクション.
  • 写真11
    11) 下り線新大阪方のエアセクション入口を横から見たところ.
  • 写真12
    12) 下り線新大阪方のエアセクション出口を横から見たところ.
  • 写真13
    13) 下り線新大阪方のエアセクションの先にある標識「セクション始5」.2017年6月に京都-新大阪間の鳥飼補助き電区分所のエアセクションで発生した架線溶断事故を受け,再発防止策として新たに設置されました.5号車のパンタグラフがエアセクションのオーバーラップ区間に入り始めることを示す標識です.
  • 写真14
    14) 「セクション始5」の先にある標識「セクション終5」.5号車のパンタグラフがエアセクションのオーバーラップ区間を抜けたことを示す標識です.
  • 写真15
    15) 「セクション終5」の先にある標識「セクション始12」.12号車のパンタグラフがエアセクションのオーバーラップ区間に掛かり始めることを示す標識です.
  • 写真16
    16) 「セクション始12」の先にある標識「セクション終12」.12号車のパンタグラフがエアセクションのオーバーラップ区間を抜けたことを示す標識です.ダイヤ混乱時など,やむを得ず本線上に列車を停める場合,運転士は可能な限り「セクション始5」~「セクション終5」と「セクション始12」~「セクション終12」の2つの区間内に列車先頭部が掛からない位置に停車させることになっています(緊急時は除く).
  • 写真17
    17) 下り線新大阪方のトロリー線へのき電線接続部.高速・高頻度運転のため,交流25kV電化でありながらかなり太い電線が使用されています.
  • 写真18
    18) 上り線新大阪方のトロリー線へのき電線接続部.
  • 写真19
    19) 上り線新大阪方のエアセクション.
  • 写真20
    20) 上り線新大阪方のエアセクションを出口側から見たところ.
  • 写真21
    21) 上り線新大阪方のエアセクションの入り口側.
  • 写真22
    22) 上り線新大阪方のエアセクションの出口側にはトロリー線の状態監視用と思われる機器が設置されています.
  • 写真23
    23) エアセクションの絶縁碍子の接続部,トロリー線側には帯状の部材が使用されています.FRPのようにも見えますが亜鉛メッキ鋼製の可能性もあり材質は不明です.
  • 写真24
    24) 新大阪方エアセクションの脇に留置された保守用車.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る