東海道新幹線 刈谷き電区分所の異相区分切替セクション


トップページ>異相区分切替セクション>東海道新幹線 刈谷き電区分所の異相区分切替セクション

 東海道新幹線の熱田き電区分所は三河安城駅と名古屋駅の間に設置されており,安城変電所と大高変電所のき電境界となっています.

 刈谷き電区分所も熱田き電区分所と同様に,東海道新幹線がBTき電方式からATき電方式に変更された際に一時的に補助き電区分所に格下げされていたようで,補助き電区分所だったころの鉄構やブッシングの設置跡が残る高架下の建屋などが現存しています.

 
  • 写真1
    1) 刈谷き電区分所の鉄構.
  • 写真2
    2) 刈谷き電区分所の鉄構を線路の反対側から見たところ.トロリー線,ATき電線を高架下の建物内に引き込むケーブルが見えます.
  • 写真3
    3) 刈谷き電区分所の銘板(施設外から撮影).
  • 写真4
    4) き電区分所から少し東京方に行ったところにある鉄構.ATき電線を支持しているだけで,どこにも接続されていません.おそらく補助き電区分所に格下げされていたころの設備の跡だと思われます.
  • 写真5
    5) 補助き電区分所跡の鉄構を線路の反対側から見たところ.構造はき電区分所の鉄構に似ており,かつてはケーブルなどが設置されていたようです.
  • 写真6
    6) 補助き電区分所跡の高架下にある建物.壁にはブッシングが設置されていたと思われる跡があります.
  • 写真7
    7) 補助き電区分所跡は公園に隣接しており,通行する自動車などを気にせず安全に観察することができます.
  • 写真8
    8) 補助き電区分所跡に残されたラジエータ.おそらくAT(単巻変圧器)を冷却していたものだと推測されますが,高架上の鉄構にはき電線は一切引き込まれておらず,AT本体は機能していないか,すでに撤去されたと思われます.
  • 写真9
    9) 刈谷き電区分所の鉄構(奥)と補助き電区分所跡(手前)の位置関係.
  • 写真10
    10) 中セクション内に設置された電車線区分標.編成が下り線切替セクション入口のエアセクションを抜けた位置を示すものと思われます.
  • 写真11
    11) 下り線切替セクション出口のエアセクション.
  • 写真12
    12) 補助き電区分所跡の付近から東京方を見たところ.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る