長崎本線 新鳥栖-肥前麓間の異相区分交交セクション


トップページ>デッドセクション>長崎本線 新鳥栖-肥前麓間の異相区分交交セクション

 JR九州の長崎本線は鹿児島本線の鳥栖駅と長崎駅を結ぶ路線で,喜々津-浦上間の旧線を除いて交流20kV 60Hzで電化されています.また,大部分の区間はATき電方式ですが,鳥栖-佐賀変電所間は鹿児島本線と接続している関係でBTき電方式となっています.

 肥前麓き電区分所は長崎本線の鳥栖-肥前麓間(当時)に設置され,鹿児島本線の二日市変電所と長崎本線佐賀変電所,双方からのき電区間の境界となっています.2011年3月12日の九州新幹線博多-新八代間開業に伴い,鳥栖-肥前麓間に乗り換え駅として新鳥栖駅が設置されましたが,肥前麓き電区分所は同駅の西側に位置しており,西口から徒歩数分で容易に到達することができます.

周辺の地図

 
  • 写真1
    1) 下り線の架線死区間予告票.肥前麓き電区分所への引き込み部に設置されています.
  • 写真2
    2) 架線死区間予告票の拡大.
  • 写真3
    3) 下り線のデッドセクション.奥の建物は鳥栖市の浄水場です.
  • 写真4
    4) 下り線デッドセクションを通過中の783系特急「ハウステンボス」.
  • 写真5
    5) 肥前麓駅の手前にある下り線の力行票(惰行解除標識).奥に吸上変圧器(BT)とエアセクションが見えます.
  • 写真6
    6) 上り線の架線死区間予告票(踏切から撮影)奥に見える大きな建物は九州新幹線の新鳥栖駅です.
  • 写真7
    7) 上り線のデッドセクション.
  • 写真8
    8) 上り線デッドセクションを真横から見たところ.長さはFRPセクション2m×4=8m,吊架線の絶縁には磁器製の懸垂碍子が用いられています.
  • 写真9
    9) 上り線の力行票(踏切から撮影).新鳥栖駅のホーム直前に設置されています.
  • 写真10
    10) 肥前麓き電区分所の全景.九州新幹線・長崎本線の新鳥栖駅からほど近い場所にあります.
  • 写真11
    11) 肥前麓き電区分所の正面.
  • 写真12
    12) 肥前麓き電区分所の機器類.延長き電用の遮断器・断路器などで構成されています.
  • 写真13
    13) 肥前麓き電区分所の機器類を別の角度から見たところ.
  • 写真14
    14) き電区分所内の鉄構には隣接する変電所名(起点側:鹿児島本線 二日市変電所・終点側:佐賀変電所)が表示されています.
  • 写真15
    15) 同じく下り線側の鉄構.PFは正き電線,NFは負き電線を意味します.
  • 写真16
    16) 肥前麓き電区分所へのき電線引き込み部.二日市変電所方のトロリー線に正き電線が接続されています.また,佐賀変電所方のトロリー線への正き電線が手前側に延びています.
  • 写真17
    17) 佐賀変電所方のトロリー線への正き電線接続部.
  • 写真18
    18) デッドセクションへ向かう817系上り普通電車.
  • 写真19
    19) 肥前麓き電区分所の最寄り駅,九州新幹線 新鳥栖駅に進入する九州新幹線上り「さくら」号.
  • 写真20
    20) 九州新幹線 新鳥栖駅の外観.鳥が翼を広げているように見えます.
  • 写真21
    21) 九州新幹線 新鳥栖駅から鹿児島中央方を見たところ.副本線が本線に合流する部分の外側にスペースがありますが,九州新幹線長崎(西九州)ルートへの接続準備ではないかと言われています.
  • 写真22
    22) 副本線の本線合流部分を地上から見たところ.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る