北陸本線 丸岡-芦原温泉間の異相区分交交セクション


トップページ>デッドセクション>北陸本線 丸岡-芦原温泉間の異相区分交交セクション

 JR西日本の北陸本線は東海道本線の米原から分岐して金沢までを結ぶ路線で,米原-敦賀間が直流1500V,敦賀-金沢間が交流20kV 60Hzで電化されています.かつてはさらに富山,糸魚川を経て信越本線の直江津まで伸びていましたが,2015年3月14日の北陸新幹線長野-金沢間延長開業に伴い金沢-倶利伽羅間は第三セクターのIRいしかわ鉄道,倶利伽羅-市振間はあいの風とやま鉄道,そして市振-直江津間はえちごトキめき鉄道にそれぞれ移管されました.

 金津変電所は丸岡-芦原温泉間に設置され,通常時は南福井き電区分所~大聖寺き電区分所間のき電を担当しています.現在の最寄り駅は芦原温泉ですが,1972年に改称されるまでは金津駅を名乗っており,変電所の名称はそこに由来するものと思われます.

周辺の地図

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    1) 上り線の架線死区間予告票.
  • 写真2
    2) 金沢方からみたデッドセクション.
  • 写真3
    3) デッドセクションをすぐ手前の踏切上から見たところ.
  • 写真4
    4) 上り線の力行標(惰行解除標識).
  • 写真5
    5) 下り線の力行標(惰行解除標識).遠くに見えるのが芦原温泉駅の場内信号機です.
  • 写真6
    6) 金津変電所の全景.
  • 写真7
    7) 金津変電所のゲート越しに見た構内の様子.
  • 写真8
    8) 変電所へ引き込まれる送電線.66kVまたは77kVの1回線で受電しています.
  • 写真9
    9) 受電側(三相)の変電機器.断路器,計器用変圧器,変流器および遮断器などで構成されています.
  • 写真10
    10) 変電所の要となる設備,き電用変圧器.奥のブッシングの付いた機器が本体で,手前にあるのが本体を冷却する油を放熱するためのラジエーターです.
  • 写真11
    11) き電用変圧器のブッシング.スコット変圧器のため,1次側は三相で3本,2次側は単相×2組の4本のブッシングがあります.
  • 写真12
    12) 単相側の機器.右にあるのが直列コンデンサ,左にあるのが直接コンデンサ用のリアクトルのようです.
  • 写真13
    13) 単相側,トロリー線への送り出し部分.断路器,避雷器,および計器用変圧器などで構成されています.
  • 写真14
    14) 断路器.碍子を軸として回転し,上部の接点が開閉します.
  • 写真15
    15) 下り線のデッドセクション.長さは標準的なFRPセクションインシュレータ2m×4本=8mとなっています.
  • 写真16
    16) 上り線のデッドセクション.ここもやはり上下線で吊架線を絶縁するポリマー碍子の種類が異なります.
  • 写真17
    17) 上下線のデッドセクションを踏切から見上げたところ.北陸本線のデッドセクションは上下線が同じ位置に設置された所が多いようです.
  • 写真18
    18) 上り線の架線死区間標識(交交用).
  • 写真19
    19) トロリー線へのき電線の接続部.
  • 写真20
    20) 金沢方の表示.大聖寺き電区分所は省略され,隣接変電所である「粟津」の表示があります.
  • 写真21
    21) 米原方の表示.こちらも南福井き電区分所は省略され,隣接変電所である「武生」の表示があります.
  • 写真22
    22) 上り線へのき電線の接続状況.金沢方米原方
  • 写真23
    22) 下り線へのき電線の接続状況.金沢方米原方
  • 写真24
    23) 金津変電所のデッドセクションを通過する683系上り特急「サンダーバード」.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る