北陸本線 大土呂-越前花堂間の異相区分交交セクション


トップページ>デッドセクション>北陸本線 大土呂-越前花堂間の異相区分交交セクション

 JR西日本の北陸本線は東海道本線の米原から分岐して金沢までを結ぶ路線で,米原-敦賀間が直流1500V,敦賀-金沢間が交流20kV 60Hzで電化されています.かつてはさらに富山,糸魚川を経て信越本線の直江津まで伸びていましたが,2015年3月14日の北陸新幹線長野-金沢間延長開業に伴い金沢-倶利伽羅間は第三セクターのIRいしかわ鉄道,倶利伽羅-市振間はあいの風とやま鉄道,そして市振-直江津間はえちごトキめき鉄道にそれぞれ移管されました.

 南福井き電区分所は大土呂-越前花堂間に設置され,武生変電所と金津変電所,双方からのき電区間の境界となっています.現在の最寄り駅は越美北線との乗り換え駅でもある越前花堂ですが,かつては北陸本線にはホームは無く,金沢方に隣接している南福井(貨物駅)が最寄り駅となっていました.き電区分所の名称はそこに由来するものと思われます.

周辺の地図

 
  • 写真1
    1) 上り線の架線死区間予告票.
  • 写真2
    2) 金沢方からみたデッドセクション.
  • 写真3
    3) 上り線の力行標(惰行解除標識).奥の道路は国道8号線で,この先で北陸本線を乗り越しています.
  • 写真4
    4) 下り線の架線死区間予告票.
  • 写真5
    5) 米原方から見た南福井き電区分所の全景.
  • 写真6
    6) 米原方から見たデッドセクション.
  • 写真7
    7) 上り線の力行票.
  • 写真8
    8) 下り線のデッドセクション.長さはFRPセクションインシュレータ2m×4本=8mとなっています.通過列車の本数が多いせいか,かなり汚れています.
  • 写真9
    9) 上り線のデッドセクション.吊架線を絶縁するポリマー碍子の種類が下り線と異なっています.
  • 写真10
    10) き電区分所構内の様子.延長き電用の断路器や避雷器などで構成されています.
  • 写真11
    11) ゲート越しに見たき電区分所の構内.
  • 写真12
    12) き電区分所の銘板.
  • 写真13
    13) 線路と反対側から見たき電区分所の構内.右が米原方,左が金沢方で,ほぼ対称な構成になっています.
  • 写真14
    14) き電区分所の鉄構には隣接変電所の表示があります.左手前から「武生下り」,「武生上り」,「金津上り」,「金津下り」となっています.
  • 写真15
    15) 下り線金沢方のトロリー線へのき電線接続部.
  • 写真16
    16) 南福井き電区分所を通過する683系上り特急「サンダーバード」.
  • 写真17
    17) 683系は最近になって外観塗色や内装などのリニューアルが行われています.
  • 写真18
    18) 南福井き電区分所を通過する521系上り普通電車.
  • 写真19
    19) 南福井き電区分所を通過する681系下り特急「しらさぎ」.
  • 写真20
    20) パンタグラフが金沢方のき電区間に入った瞬間に青白いアークが飛んでいます.
  • 写真21
    21) 南福井き電区分所最寄りの越前花堂駅.き電区分所は米原方に約1kmの地点にありますが,徒歩の場合は用水路などで迂回する必要があるため約1.4kmの道のりとなります.
  • 写真22
    22) 越前花堂駅の駅舎.余計な装飾のない,シンプルな外観です.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る