北陸本線 高月-木ノ本間の異相区分交交セクション(廃止)


トップページ>異相区分交交セクション>北陸本線 高月-木ノ本間の異相区分交交セクション(廃止)

 木ノ本変電所は長浜-虎姫間の交直セクション(廃止)から約10km敦賀(直江津)寄り,高月-木ノ本間に設置されています.交流電化の場合,電力会社から供給される三相交流を単相交流に変換するために特殊な変圧器(スコット結線変圧器)を用いている関係で,変電所を境に架線電源の位相が90°ずれています.そのため,交流電化時代には変電所のすぐそばに異相区分交交セクションが設置されていました.2006年9月24日の直流化切替後,木ノ本変電所の交流き電設備が撤去され,異相区分交交セクションも廃止されました.なお,木ノ本変電所は直流化切替後も直流1500V電力を供給する変電所として引き続き機能していますが,直流化工事に関連したJR西日本の公式発表資料には,木ノ本変電所は新設と記載されています.また,交流電化時代に稼働していた,電力会社の架空送電線からの受電設備も直流化切替後しばらくして撤去されています(直流変電所への電力供給は新設された別系統で行われているようです).これらのことから考えると,既存の交流き電変電所の設備改修ではなく,変電所を廃止し,すぐ北側に直流き電用変電所を新設したという扱いになっているようです.

関連:北陸本線交流区間 全デッドセクション一覧

 
  • 写真1
    1) 木ノ本変電所横の踏切から高月駅構内を見たところ.683系特急しらさぎが米原方面へ向けて通過中.
  • 写真2
    2) 交流電化時代の木ノ本変電所の全景.ここを境として,米原方と敦賀方の架線それぞれに90°位相の異なる交流20kV・60Hzの電力を送り出していました.
  • 写真3
    3) 変電所の心臓部であるスコット結線のトランス(変圧器).左側から供給された77kV,60Hzの3相交流を位相が90°ずれた20kVの単相交流2組に変換し,各組をそれぞれ長浜方,近江塩津方(沓掛き電区分所)に供給していました.
  • 写真4
    4) 直流化工事中の様子.すぐ北側に整流器など,直流変電所化するための設備が設置されていました.
  • 写真5
    5) 直流化工事中の様子.直流変電所の出力を新設されたき電線へ接続する準備が行われています.
  • 写真6
    6) 異相区分交交セクション手前に設置されていた惰行標.
  • 写真7
    7) 異相区分交交セクションのデッドセクション部分.交直セクションと同じ構造のFRP製セクションインシュレータが4本接続されて8mの無電区間を形成していました.左には架線死区間標識(交交セクション用)が見えます.
  • 写真8
    8) 直流化後における交交セクション跡.FRPセクションインシュレータが撤去されて通常の銅製トロリー線に張り替えられています.一方,吊架線を絶縁していたポリマー碍子は今のところ(2006年10月時点)残されています.また,直流化後,木ノ本変電所におけるき電区分は米原方に隣接して新設されたエアセクションにより行われています.
  • 写真9
    9) 惰行解除を示す標識(力行標).デッドセクションの出口から編成両数分だけ先に設置されていました.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る