北陸本線・湖西線 
近江塩津駅構内の
異相区分交交セクション
(沓掛き電区分所・廃止)

隣接セクション
(湖西線 山科方)
永原-近江塩津間 交直セクション(廃止)
upleft
(北陸本線 米原方)
木ノ本変電所(廃止)
left沓掛き電区分所(廃止)right(北陸本線 直江津方)
敦賀変電所(廃止)

トップページ>異相区分交交セクション>北陸本線・湖西線 近江塩津駅構内の異相区分交交セクション(廃止)

 北陸本線 近江塩津駅は北陸本線と,山科で東海道本線から分かれて琵琶湖の西岸を北上してきた湖西線が合流する駅として湖北地域の鉄道交通の要衝の一つとなっています.実際の北陸本線と湖西線の合流地点は駅ホームから敦賀寄りに下り線が約1.6km,上り線の分岐地点は約2.1kmと遠く離れており,そのすぐ先が滋賀・福井県境を越える深坂トンネル・新深坂トンネルとなっています.そのため,見かけの駅部と比較して実際の構内の長さは約3kmと非常に長く,さらに多数のトンネルがあるという非常に変わった構造になっています.

 沓掛き電区分所は2006年9月24日の北陸本線 長浜-敦賀間,および湖西線 永原-近江塩津間の直流化切替以前に,近江塩津駅構内の北陸本線・湖西線の分岐・合流点付近に設置されており,北陸本線の木ノ本変電所(廃止→直流変電所として再設置)と敦賀変電所(米原方への交流き電廃止)のき電境界となっていました.加えて,北陸本線と湖西線(交直セクション手前までの区間)のき電区分も行っていましたが,下り線の合流地点が異相区分交交セクションの手前(米原方)で,さらに駅部に北陸本線・湖西線を結ぶ渡り線もあることから,通常時は北陸本線米原方と接続されて同相となっていました.

関連:北陸本線交流区間 全デッドセクション一覧(長浜-敦賀間直流化後)

 
  • 写真1
    1) 北陸本線・湖西線下りのデッドセクション手前の惰行標.奥に見えるのが両線の合流点にある分岐器を積雪から守るスノーシェッドです.
  • 写真2
    2) 上り線側(敦賀方)から見たデッドセクション.右が湖西線と合流した直後の北陸本線下り線,左が北陸本線上り線ですが,湖西線上り線は既に分岐した後のため,湖西線上り線のデッドセクションのみ別の場所にありました.
  • 写真3
    3) 北陸本線下り線・上り線のデッドセクションを西側から見たところ.
  • 写真4
    4) 北陸本線上り線のデッドセクションの拡大.吊架線の絶縁にはポリマー碍子が使われていました.
  • 写真5
    5) 湖西線上り線に設置されていたデッドセクション.他のセクションとは離れており,北陸本線上り線と分岐後,北陸本線の上下線を乗り越す位置にありました.
  • 写真6
    6) 湖西線上り線のデッドセクションの拡大.吊架線の絶縁には同様にポリマー碍子が使われていました.
  • 写真7
    7) 湖西線上り線の力行標.実際の駅ホームはトンネルのさらに向う側です.
  • 写真8
    8) 沓掛き電区分所の銘板.
  • 写真9
    9) 沓掛き電区分所の開閉設備.延長き電用の遮断器や断路器などで構成されています.
  • 写真10
    10) き電区分所開閉設備の引き出し部(下り線側).
  • 写真11
    11) き電区分所開閉設備の引き出し部(上り線側).
  • 写真12
    12) き電区分所の開閉設備は線路からやや離れた場所にあったため,き電線が門型架線柱を流用した電柱に支持されて延びていました.
  • 写真13
    13) 北陸本線下り線(手前)と北陸本線上り線(奥),敦賀変電所方のトロリー線へのき電線接続部.
  • 写真14
    14) 北陸本線下り線,木ノ本変電所方のトロリー線へのき電線接続部.
  • 写真15
    15) 北陸本線上り線,木ノ本変電所方のトロリー線へのき電線接続部.
  • 写真16
    16) 湖西線 交直セクション手前までの区間へのき電線はトンネル上の丘を越えていました.
  • 写真17
    17) 湖西線上り線,交直セクション手前までの区間のトロリー線へのき電線接続部.北陸本線上り線木ノ本変電所方と同相ですが,事故時の切り離しなどを考慮して別接続になっていたものと思われます.
  • 写真18
    18) 直流化切替直後の北陸本線上下線のデッドセクション跡の様子.
  • 写真19
    19) デッドセクション跡の拡大.FRPセクションインシュレータは2006年9月23日深夜~翌24日未明の切替工事で撤去されて銅架線に張り替えられていますが,吊架線を絶縁するポリマー碍子はしばらくの間残っていました.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る