えちごトキめき鉄道 青海変電所の異相区分交交セクション


トップページ>交交セクション>えちごトキめき鉄道 青海変電所の異相区分交交セクション

北陸本線の金沢~直江津間は2015年3月14日の北陸新幹線長野-金沢間延伸開業と同時に第三セクター各社に移管されましたが,新潟県内の市振~直江津間はえちごトキめき鉄道(日本海ひすいライン)となりました.同区間は市振~糸魚川間が交流20kV 60Hz,梶屋敷~直江津間が直流1500V電化であり,糸魚川~梶屋敷間に交直セクションが設置されています.

 旧北陸本線の交流区間のうち,最も直江津寄りにある変電所が青海-糸魚川間にある青海変電所で,隣接する越中宮崎変電所はあいの風とやま鉄道所属のため,青海変電所はえちごトキめき鉄道唯一の交流変電所となります.また,越中宮崎変電所と青海変電所の間には異相区分交交セクションを持ったき電区分所はありません.両変電所のき電区分がどうなっているのか気になったため,現地を確認したところ下図のように青海変電所の出力から越中宮崎方面へつながるき電線の断路器が開放されており,同区間のき電は越中宮崎変電所が担当していることがわかりました.一方,青海変電所は青海~糸魚川~交直セクションまでの区間のき電を担当しています.

越中宮崎-梶屋敷間き電系統
越中宮崎-梶屋敷間のき電系統

 なお,糸魚川市内は一部を除いて東北電力の50Hz供給地域のため,青海変電所への60Hz電力の供給は旧青海町周辺の黒部川電力または電気化学工業の変電所,あるいは県境を越えた富山県側の北陸電力から行われていると思われます.

関連:北陸本線交流区間 全デッドセクション一覧

 
  • 写真1
    1) 上り線 交交セクション手前の架線死区間予告標識.一方,下り線には交交セクション出口の力行標(向こう向き)があります.
  • 写真2
    2) 上り線の交交セクション.
  • 写真3
    3) 上り線交交セクションのデッドセクション(無電区間)拡大.最近主流になりつつある吊架線がポリマー碍子で絶縁されたタイプです.
  • 写真4
    4) 下り線の交交セクション.上り線よりもやや米原寄りにあります.
  • 写真5
    5) 下り線の交交セクションを真横から見たところ.奥の高架橋は北陸新幹線で,50Hz/60Hzの境界となる新糸魚川き電区分所(異周波数切替セクション)の同軸ケーブル→トロリー線接続部が見えます.
  • 写真6
    6) 上り線 交交セクション出口の力行標.
  • 写真7
    7) 青海変電所のゲート.第三セクター移管後間もないためか,看板はJR西日本のままになっています.
  • 写真8
    8) 青海変電所の受電部分.60Hzの電力を受電しています.
  • 写真9
    9) 青海変電所内部の様子.き電回路の遮断器や断路器,計器用変圧器などが設置されています.
  • 写真10
    10) き電線引き出し部分.向こうに上り線のデッドセクションが見えます.
  • 写真11
    11) き電線引き出し部分に設置された,延長き電および上下線接続用の断路器.通常時は全てOFFの状態です.
  • 写真12
    12) き電用変圧器からき電線への途中にある断路器.一番奥から下り線糸魚川方,上り線糸魚川方,上り線越中宮崎方,下り線越中宮崎方に接続されていますが,奥の2つがON,手前の2つがOFFの状態になっています.つまり,越中宮崎~青海変電所間の電力供給は青海変電所からではなく,越中宮崎変電所から行われており,青海変電所は青海~糸魚川~交直セクションまでの片方向き電になっています.
  • 写真13
    13) き電線の引き出し部分を線路の反対から見たところ.
  • 写真14
    14) 上り線交交セクションを通過するET122形気動車.当然ながらデッドセクションとは全く関係ありません.
  • 写真15
    15) 青海変電所の糸魚川方,北陸新幹線との立体交差部を走行するET122形気動車の上り泊行き普通列車.
  • 写真16
    16) 青海変電所を通過し,糸魚川方へ向かうET122形気動車の下り直江津行き普通列車.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る