山陽新幹線 新塚本き電区分所の異相区分切替セクション


トップページ>異相区分切替セクション>山陽新幹線 新塚本き電区分所の異相区分切替セクション

 東海道新幹線は東京-新大阪間515.4km(実キロ),山陽新幹線は新大阪-博多間553.7km(同)の路線であり,両路線の営業上の境界は新大阪駅となっていますが,き電系統上は新大阪駅から新神戸方へ約3.4kmの地点(東海道本線と北方貨物線のデルタ線の北側)にある新塚本き電区分所が境界になっています.

 一般的な新幹線のき電区分所の構成(主要部分のみ)は下のようになっています.架線は約1km間隔の2つのエアセクションで区分され,その間は中セクションと呼ばれる独立した区間になっています.図の中央にある真空遮断器(VCB1, VCB2)がき電区分所の心臓部であり,中セクションの架線電源の切替を行っています.定常時(列車が進入する前)はVCB1が投入,VCB2が開放されており,中セクションは右側の電源で加圧されています.列車が右側から中セクションに完全に進入したことを軌道回路により検知すると,まずVCB1が開放されて中セクションが数100msの間無加圧になります.その後,VCB2が投入されて中セクションが左側の区間で加圧され,列車は左側の区間へ出て行きます.列車が中セクションを完全に出た後,VCB1, VCB2は元の状態に復帰し,次の列車の進入に備えます.また,右・左側それぞれの架線(トロリー線,T)とATき電線(F),さらにAT保護線(中性線N)の間に単巻変圧器(オートトランス, AT)が設置され,ATき電回路を構成しています.変電所からの電源は架線電圧の2倍の電圧(60 kV)がトロリー線とATき電線の間に接続されており,ATの働きによりトロリー線-レール間に30kV(電圧降下を見越して標準電圧の25kVより高めに設定されています)が供給されます.実際のき電区分所は,上記の設備が上り線・下り線に一つずつ,合計2組あります.


き電区分所の構成.
T:トロリー線,F:ATき電線,SN:中セクションのトロリー線, N:AT保護線(中性線)

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    1) 北方貨物線の南側から見たき電区分所の全景.
  • 写真2
    2) 新塚本き電区分所の銘板.
  • 写真3
    3) き電区分所の心臓部,切替遮断器が収められた建物(上り線側).壁面にブッシングが並んでいます.切替遮断器は故障・点検に備えて2組あり,写真では奥側が動作中で,手前側は断路器で切り離された状態です.
  • 写真4
    4) 2016年5月に再訪した際には逆に手前側が動作中で奥が切り離されていました.
  • 写真5
    5) 下り線側の切替遮断器.上り線側と同じ建物の反対側の壁面にブッシングが並んでいます.
  • 写真6
    6) 下り線東京方の単巻変圧器(AT,オートトランス)が収められたコンクリート製の建物.左にはATの冷却油放熱用のラジエータが見えます.
  • 写真7
    7) 2016年5月に再訪するとATを収めていたコンクリート製の建物が無くなっていました.
  • 写真8
    8) 下り線博多方のAT.ラジエータ一体型の小型のものに交換されています.
  • 写真9
    9) 上り線東京方のAT.両側の長いブッシングがトロリー線とATき電線(いずれも対地電圧30kVですが互いに逆位相),中間のブッシング(レールと同電位のため短い)が中性線に接続されています.
  • 写真10
    10) 上り線博多方のAT.中性線のブッシングが短いため金属のロッドで延長されています.
  • 写真11
    11) き電区分所の引き出し部分(下り線側).左から東京方ATき電線(F)東京方トロリー線(T)中セクション(SN)博多方ATき電線(F)博多方トロリー線(T)および中性線(N)に接続されています.中性線のみ対地電圧が低いため,他と比べて小さな碍子で支持されています.
  • 写真12
    12) き電区分所の引き出し部分(上り線側).左から中性線(N)東京方ATき電線(F)東京方トロリー線(T)中セクション(SN)博多方ATき電線(F)および博多方トロリー線(T)に接続されています.
  • 写真13
    東京方ATき電線(F)東京方トロリー線(T)中セクション(SN)博多方ATき電線(F)博多方トロリー線(T)中性線(N)
    13) 下り線側の引き出し線接続部.
  • 写真14
    中性線(N)東京方ATき電線(F)東京方トロリー線(T)中セクション(SN)博多方ATき電線(F)博多方トロリー線(T)
    14) 上り線側の引き出し線接続部.
  • 写真15
    15) 下り線東京方,切替セクションの入口を構成するエアセクション.
  • 写真16
    16) 下り線東京方のエアセクション.中セクションの架線絶縁部を真横から見たところ.
  • 写真17
    17) 下り線中セクション区間の架線柱.東京方のATき電線トロリー線へのき電線が上下に並んでいます.
  • 写真18
    18) 下り線引き出し線接続部より博多方の架線柱.こちらは博多方のATき電線トロリー線へのき電線が上下に並んでいます.
  • 写真19
    19) 下り線博多方のエアセクションを府道大阪池田線の跨線橋から見たところ.
  • 写真20
    20) 下り線博多方のエアセクションを地上から見たところ.手前を横切る架線は東海道本線のものです.
  • 写真21
    21) 下り線博多方へのトロリー線接続部.
  • 写真22
    22) 上り線博多方のエアセクションを府道大阪池田線の高架橋から見たところ.
  • 写真23
    23) 上り線東京方のエアセクションを地上から見たところ.
  • 写真24
    24) 上り線東京方へのトロリー線接続部.
  • 写真25
    25) 上り線東京方へのトロリー線接続部を真下から見上げたところ.
  • 写真26
    26) 府道大阪池田線の高架橋から新塚本き電区分所の中セクション区間を眺めたところ.
  • 写真27
    27) 上り線博多方のエアセクションを通過中のN700系.
  • 写真28
    28) 下り線の切替セクションを抜けて九州方面へ向かうN700系.山陽・九州新幹線用の8両編成.
  • 写真29
    29) 府道大阪池田線の跨線橋からは東海道本線と北方貨物線の合流地点を一望することができます.
  • 写真30
    30) 東海道本線と北方貨物線の分岐地点を通過し大阪へ向かうキハ189系の特急はまかぜ.
  • 写真31
    31) 北方貨物線から連絡線に入り大阪駅へ向かう683系特急サンダーバードの回送列車.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る