東海道新幹線 新高槻変電所の異相区分切替セクション


トップページ>異相区分切替セクション>東海道新幹線 新高槻変電所の異相区分切替セクション

新幹線の変電所は,起点方と終点方それぞれに位相が90°ずれた交流電力を供給しています.そのため,変電所の前には異相区分用の切替セクションが設置されています.

 新高槻変電所では関西電力から受電した三相77kV 60Hzの交流電力を2組の単相60kV 60Hz(*注)の交流電力に変換し,東京(京都)方,博多(新大阪)方へ供給(き電)しています.

(*注) 60kVはATき電線とトロリー線(架線)の間の電圧です.トロリー線とレールの間の電圧(つまり列車に供給される電圧)は,変電所とき電区分所に設置されているAT(単巻変圧器)の働きで半分の30kVになります(電圧降下を見越して標準電圧の25kVより高めになっています).詳しくは山陽新幹線 新塚本き電区分所を参照してください.

 
  • 写真1
    1) 新高槻変電所の全景.
  • 写真2
    2) 新高槻変電所の全景を別の角度から見たところ.奥に見えるのが新幹線の本線で,手前は阪急京都線.
  • 写真3
    3) 変電所の心臓部,き電用変圧器.77kVの三相交流を2組の60kV単相交流に変換しています.
  • 写真4
    4) 変圧器の2次側配線.「M座」,「T座」とありますので,最近の新幹線変電所で用いられている変形ウッドブリッジ変圧器ではなく,在来線と同様のスコット変圧器が使用されているようです.
  • 写真5
    5) 変圧器の2次側配線を機器室に引き込むためのブッシング.切替セクションの遮断器やAT(単巻変圧器)は屋内に設置されています.
  • 写真6
    6) 線路南側から見た変電所から切替セクションへの接続部.
  • 写真7
    7) 6)を高架下から見たところ.変電所からの出力が,下り東京方面と下り博多方面それぞれのトロリー線とATき電線に接続されています.
  • 写真8
    8) 7)の反対側.
  • 写真9
    9) 下り線東京方(左奥)と中セクション(右手前)を区分するエアセクションの入り口.
  • 写真10
    10) エアセクションの出口.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る