七尾線 津幡-中津幡間のセクション


トップページ>交直セクション>七尾線 津幡-中津幡間の交直セクション

 七尾線は,IRいしかわ鉄道(旧 JR西日本 北陸本線)の津幡と能登半島の七尾,和倉温泉とを結ぶ単線,直流電化の路線です.この線が電化されたのは比較的新しく,平成3年9月のことでした.接続する北陸本線(当時・以下同じ)が交流20kV 60Hzで電化されているのにもかかわらず七尾線が直流電化されたのは,跨線橋やトンネルをそのままにして交流20kVで電化すると架線との絶縁距離が不足してしまうため,これらとの間隔を広げるための大規模な工事が必要となり,結局直流で電化したほうがコストが安くなるためのようです.また,北陸本線の車両が全て交直流車であるため,七尾線がどちらの電化方式になっても入線できたことも一因のようです.

 七尾線が直流電化されたことから,北陸本線との接続点である津幡と隣の中津幡の間に交直セクションが出現しました.

関連:北陸本線交流区間 全デッドセクション一覧

周辺の地図

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    1) 津幡方(交流側)の切換予告標識1.パトライトが設置されています.
  • 写真2
    2) 津幡側の交直切換標.架線死区間予告標が同じ場所に併設されています.
  • 写真3
    電源種別
    3) デッドセクション部分の全景.
  • 写真4
    4) 交流側のセクションインシュレータ.
  • 写真5
    5) 直流側のセクションインシュレータ.4)との間が無電区間になっています.
  • 写真6
    6) デッドセクションの直流側入口を手前の踏切から見たところ.
  • 写真7
    7) デッドセクション直流側出口の力行標.
  • 写真8
    8) 直流側最初の中津幡駅.比較的人家の多い街中にありますが,ホーム1面1線の小さな無人駅です.
  • 写真9
    9) 中津幡駅ホームから七尾方を見たところ.
  • 写真10
    10) 中津幡駅ホームから津幡方を見たところ.デッドセクションは小さな鉄橋で川を渡った先にあります.
  • 写真11
    11) 直流側入口の交直切換標.7)の力行標と背中合わせに設置されています.
  • 写真12
    12) デッドセクションの直流側手前にあるき電線の終端部.
  • 写真13
    13) デッドセクションを直流側から見たところ.
  • 写真14
    14) 津幡側の惰行解除標識(力行標).
  • 写真15
    15) デッドセクションの直流側の踏切から津幡駅方を見たところ.手前にある四角い背板の信号機は津幡駅の遠方信号機で,奥に見える七尾線場内信号機の現示(停止)を予告しています.
  • 写真16
    16) デッドセクションに差し掛かる和倉温泉発特急サンダーバード.切換操作のため前照灯が片方消灯しています.
  • 写真17
    17) デッドセクションに進入していくサンダーバード.
  • 写真18
    18) デッドセクション通過中の和倉温泉行き特急「サンダーバード」.
  • 写真19
    19) デッドセクション通過中の和倉温泉行き特急「しらさぎ」.七尾線には大阪からの「サンダーバード」,名古屋からの「しらさぎ」の他,越後湯沢からの「はくたか」の一部列車も和倉温泉を目指して乗り入れていました.
  • 写真20
    20) デッドセクション通過中の415系800番台金沢行き上り普通電車.
  • 写真21
    21) デッドセクション通過中の415系800番台七尾行き下り普通電車.
  • 写真22
    22) デッドセクションのすぐそばに津幡で分かれたIRいしかわ鉄道(撮影当時はJR北陸本線)が通っており,交交セクション(津幡き電区分所)があります.
  • 写真23
    23) 津幡き電区分所の交交セクションを別角度から見たところ.
  • 写真24
    24) 津幡き電区分所の電気設備.延長き電用の断路器などで構成されており,変電所と比べるとシンプルです.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る