IRいしかわ鉄道 津幡-倶利伽羅間の
異相区分交交セクション
(津幡き電区分所)

隣接セクション
left津幡き電区分所right

トップページ>デッドセクション>IRいしかわ鉄道 津幡-倶利伽羅間の異相区分交交セクション(津幡き電区分所)

 JR西日本の北陸本線はかつては東海道本線の米原から分岐して信越本線の直江津までを結ぶ路線でしたが,2015年3月14日の北陸新幹線長野-金沢間延長開業に伴い金沢-倶利伽羅間は第三セクターのIRいしかわ鉄道,倶利伽羅-市振間はあいの風とやま鉄道,市振-直江津間はえちごトキめき鉄道(日本海ひすいライン)にそれぞれ移管されました.また,北陸本線時代と同じく,IRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道は全線交流20kV 60Hz,えちごトキめき鉄道(日本海ひすいライン)は市振-糸魚川間が交流20kV 60Hz, 梶屋敷-直江津間が直流1500Vで電化されています.

 津幡き電区分所はJR西日本に残った七尾線が分岐する津幡と,隣駅であいの風とやま鉄道との境界駅でもある倶利伽羅駅の間に設置された,IRいしかわ鉄道で唯一のき電区分所です.また,同鉄道は線内に自社の変電所を持っておらず,通常時は津幡き電区分所を境に西側はJR西日本金沢変電所から,東側はあいの風とやま鉄道の石動変電所から電力の供給を受けています.

 また,津幡き電区分所のすぐ近くには七尾線の交直セクション(津幡-中津幡間)があります.

周辺の地図

(本ページの画像はJR西日本 北陸本線の時代に撮影したものです)

 
  • 写真1
    1) 下り線交交セクション手前の架線死区間予告標.
  • 写真2
    2) 下り線交交セクションと架線死区間標識(交交用)を手前の踏切から見たところ.セクションの向こう側に下り線石動方のトロリー線へのき電線接続部も見えます.
  • 写真3
    3) 上下線の交交セクション.ほぼ同じ位置に設置されています.
  • 写真4
    4) 上下線の交交セクションを踏切の東側から見たところ.
  • 写真5
    5) 上り列車の惰行解除を示す力行標.
  • 写真6
    6) 津幡き電区分所の設備のほぼ全景.延長き電用の遮断器・断路器などで構成されたコンパクトでシンプルな構造です.
  • 写真7
    7) 津幡き電区分所の銘板(JR西日本 北陸本線時代に撮影).
  • 写真8
    8) 隣の金沢,石動両変電所のいずれかに異常が生じた際,他方から延長き電を行う場合に津幡き電区分所の前後の区間を接続するための遮断器(四角い大きい箱状の機器).もちろん通常時は開放されています.それを挟むように両側に断路器も設置されています.
  • 写真9
    9) 津幡き電区分所の鉄構に引き留められたき電線.右から金沢方面上り,金沢方面下り,石動方面下り,石動方面上りの表示があります.一番奥の小さい碍子は負き電線(NF)です.
  • 写真10
    10) 交交セクション前後のトロリー線からき電区分所構内へのき電線引き込み部.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る