鹿児島本線 陣原-折尾間の異相区分交交セクション
(折尾変電所)


トップページ>デッドセクション>鹿児島本線 陣原-折尾間の異相区分交交セクション(折尾変電所)

 JR九州の鹿児島本線は門司港駅-八代駅,および川内駅-鹿児島駅を結ぶ路線で,全線が交流20kV 60Hzで電化されています.かつては門司港駅-鹿児島駅間全線が鹿児島本線でしたが,2004年3月13日の九州新幹線新八代-鹿児島中央間開業に伴い八代-川内間は第三セクターの肥薩おれんじ鉄道に移管されました.また,門司港-八代変電所間と西鹿児島変電所-鹿児島間がBTき電,肥薩おれんじ鉄道を含む八代変電所-西鹿児島変電所間がATき電方式となっています.

 折尾変電所は西小倉-九州工大前間に設置され,通常時は門司変電所とのき電境界である小倉き電区分所から古賀変電所とのき電境界である東郷き電区分所までのき電を担当しています.付近は北側は鹿児島本線の複線,南側は折尾~筑豊本線に直通する列車用の複線で構成された線路別複々線となっており,デッドセクションも4線全てに設置されています.複々線分のデッドセクション4つがすべて同じ場所に並んでいるのは全国でもここだけだと思われます.ただし,取材時には一番南側の線路は折尾駅周辺の工事のため閉鎖され,筑豊本線への直通列車は南から2番目の線路を用いた単線運転となっていました.

隣接セクション: ←門司港方 小倉き電区分所/東郷き電区分所 八代方→

周辺の地図

(動画から切り出した画像のためやや画質が悪くなっています)

 
  • 写真1
    1) 上り線の交交セクション手前にある架線死区間予告標.
  • 写真2
    2) 鹿児島本線の交交セクション
  • 写真3
    3) 鹿児島本線の右隣,折尾から筑豊本線に入る直通列車用の線路にも交区セクションが設置されています.複々線のほぼ同じ位置に4つ並んでいるのは全国でもここだけだと思われます.直通列車用の線路上のものは,通常時は鹿児島本線と筑豊本線のき電系統上の境界となっています.
  • 写真4
    4) 鹿児島本線の交交セクションを拡大して見たところ.
  • 写真5
    5) 交交セクションの東郷方のトロリー線へのき電線接続部.
  • 写真6
    6) 上り列車の惰行解除を示す力行標.
  • 写真7
    7) 上り列車から見た折尾変電所.
  • 写真8
    8) 下り線,小倉方のトロリー線へのき電線接続部.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る