山陽新幹線 新伊川き電区分所の
異相区分切替セクション

隣接セクション
(博多方)
新加古川補助き電線開閉所
left新伊川き電区分所right

トップページ>異相区分切替セクション>山陽新幹線 新伊川き電区分所

 新伊川き電区分所は山陽新幹線 新神戸~西明石間の,神戸トンネルから始まる長いトンネルが連続する区間が終わった辺りに設置されています.この付近は神戸市西部の明石市と接する比較的起伏に富んだ丘陵地で「伊川谷」と呼ばれており,設備名はそこから取られたものと思われます.

 新伊川き電区分所は通常時は新六甲変電所と新姫路変電所のき電境界となっており,き電区分所の心臓部である異相区分切替セクションの中セクションの電源を切り替える切替用開閉器やAT(単巻変圧器)などの設備は西神戸保守基地の片隅を間借りするような形で設置されています.

 
トップへ戻る