東北本線 黒田原-豊原間の異相区分交交セクション
(豊原き電区分所)


トップページ>デッドセクション>東北本線 黒田原-豊原間の異相区分交交セクション(豊原き電区分所)

 JR東日本の東北本線は東京から盛岡までを結ぶ路線で,東京-黒磯間が直流1500V,黒磯-盛岡間が交流20kV 50Hzで電化されており,黒磯駅構内の北側に交直セクションが設置されています.かつてはさらに八戸から青森まで伸びる路線でしたが,東北新幹線の延伸に伴って2002年12月1日に盛岡-目時間がIGRいわて銀河鉄道,目時-八戸間が青い森鉄道に移管され,さらに2010年12月4日に八戸-青森間が青い森鉄道に移管されました.

 豊原き電区分所は黒田原駅と豊原駅の間に設置され,通常時は黒磯変電所白河変電所のき電境界となっています.き電区分所は豊原駅の上りホームのすぐそばにありますが,実際にき電区分を行っている交交セクションは豊原駅から上り線は0.9km,下り線は2kmほど黒田原駅寄りの地点に設置されています.

隣接セクション: ←上野方 黒磯(交直セクション)/白河変電所 盛岡方→

周辺の地図

(動画から切り出した画像のためやや画質が悪くなっています)

 
  • 写真1
    1) 下り線交交セクション手前の架線死区間予告標.
  • 写真2
    2) 下り線の交交セクション.吊架線の絶縁はJR東日本で標準的に使用されている磁器製の懸垂碍子です.また,FRPセクションの入口,出口に高速通過対応のやじろべえ形の架線金具も見えます.
  • 写真3
    3) 上り列車の先頭部から見た下り線交交セクション.
  • 写真4
    4) 下り線の惰行解除を示す力行標.
  • 写真5
    5) 豊原駅構内にあるき電区分所の設備.
  • 写真6
    6) 上り列車の先頭部から見たき電区分所の設備.上りホームのすぐ先にあります.
  • 写真7
    7) 上り線交交セクション手前の架線死区間予告標.
  • 写真8
    8) 上り線の交交セクション.
  • 写真9
    9) 下り列車の先頭部からみた上り線交交セクション.
  • 写真10
    10) 上り線の惰行解除を示す力行標.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る