エアセクション・セクションインシュレータ


トップページ>エアセクション・セクションインシュレータ

電流が中断しない(=「デッド」でない)セクションについて

 電流が中断しないセクションのうち,もっとも一般的に設けられているのが「エアセクション」です.架線(トロリー線)は製造や運搬,架設工事などの都合上,一本の長さが数100m~数kmになっています.そのため,架線同士を接続する必要がありますが,接続部分は隣接する区間の架線と架線柱1~2区間分だけ重複しています.両者をジャンパ線で接続すると電気的に連続した「エアジョイント」となります.これに対し,接続せずにお互いを絶縁したのが「エアセクション」です.架線がオーバーラップしている部分において,パンタグラフは常にどちらかの架線と接触しているため電力の中断がなく,運転上の障害とならない利点があります.しかし,最低でも架線柱1スパン(約50m)の長さを必要とするため,駅構内や車庫などの狭い場所には設けにくく,さらにセクションの部分で列車が停止するとパンタグラフを通して両方の架線が導通し(パンオーバーという),停電区間で工事中の作業員の感電や,過電流による架線の溶断などの事故が発生する危険があります.


エアセクションの構造.上から見たところ(上)と横から見たところ(下)
交流エアセクション
交流区間のエアセクション.ここでは,本線と駅構内の架線を絶縁するために設けられています.
東北本線 黒磯駅の上り線青森方の踏切から撮影)
直流エアセクション
直流区間のエアセクション.き電区分の目的で変電所前に設置されています.左の赤斜線2本の標識はセクション入口,右下にわずかに見える緑斜線2本の標識はセクション出口を表しています.また,可動ブラケット部分にエアセクションを示す「AS」の表示が見えます.
(阪急宝塚線 石橋-蛍池間)
セクション出口標識
阪急のエアセクションには,パンオーバ事故を防止するために編成全体がセクションを抜けたことを示す標識が設置されています.
(阪急宝塚線 石橋-蛍池間)
新幹線エアセクション
新幹線のエアセクションの例.トロリー線の絶縁にFRPセクションインシュレータが使われており,一見デッドセクションのように見えます.
(東北新幹線 八戸駅)

「エアセクション」が平行に張られた架線間の空気を絶縁に用いているのに対し,FRP(ガラス繊維強化プラスチック)やがいしなどを絶縁に用いているのが「インシュレータセクション」です.インシュレータセクションは全長を短くすることが出来るため,駅構内や車庫などで電流を区分する必要がある場所に広く用いられています.単に電流を区分するだけのセクションの場合は,インシュレータ(絶縁体)部分と平行してスライダを設け,エアセクションと同様に電流が中断しないような構造になっているものが多いです.ただし,セクションの部分は通常のトロリー線よりも押し上げる力に対して硬く(硬点という)ため,高速で通過するとパンタグラフが離線することがあり,列車が高速で通過する本線上には向きません.


上へ戻る