北陸本線 長浜-敦賀間の直流化工事


トップページ>交直セクション>北陸本線 長浜-敦賀間直流化工事

 北陸本線は,東海道本線の米原と信越本線の直江津を結ぶ全線複線の幹線で,かつては両端の米原-田村間と糸魚川-直江津間が直流1500Vで,中間の田村-糸魚川間は交流20kV 60Hzで電化されていました.しかし,京阪神から長浜まで新快速電車(直流専用)を乗り入れるため,1991年9月に田村-長浜間が直流化されました.これにより,長浜市を訪れる観光客が増加するなど,めざましい効果がありました.

 これを見た滋賀県内(長浜以北)の自治体や敦賀市などから直流区間のさらなる延伸の要望が出されたため,2003年10月に,長浜-敦賀間と湖西線 永原-近江塩津間の直流化工事が着工されました.直流化営業開始は2006年10月21日でしたが,これに先立つこと約1か月前,2006年9月23日深夜~翌24日未明に架線電源の直流への切替工事が行われました.

 直流化切替に伴い,長浜-虎姫間および永原-近江塩津間,さらに2003年に新設された敦賀駅構内の小浜線-北陸本線の渡り線上にあったもの,以上3ヶ所の交直セクションが廃止され,敦賀-南今庄間(北陸トンネル入口付近)に移設・統合されました.また,工事区間内にある3箇所の異相区分用交交セクション(木ノ本変電所,沓掛き電区分所,敦賀変電所)も,直流用のき電区分設備(エアセクション)に改良されて解消されました.


(左)2006年9月23日まで.(右)現在
琵琶湖周辺におけるJR在来線の電化状況

 2006年9月に直流化された区間の総延長は,前回(1991年9月)の田村~長浜間直流化(約6km)よりはるかに長く,40km以上にも及びました.このような長い区間を営業運転を続けながら直流電化へ切り替えるため,工事の方法には様々な工夫がなされました.

直流電化の場合,交流電化と比べて電圧が低い分だけ電流が大きくなり(同じ電力の場合は単純計算で13.3倍になります),架線(トロリー線と吊架線)だけでは電流を流しきれなくなります.そのため,直流区間では一般的に架線と並列にき電線と呼ばれる太い電線が設置され,架線とき電線は約100m間隔でき電分岐線を介して接続されています(吊架線がき電線を兼ねる場合もあり,き電吊架方式と呼ばれています).直流化工事では,このき電線の新設が最大の工事となったようです.き電線の設置は2005年度から本格的に行われましたが,直流化工事の過程において新設された直流用き電線は直流化切替の当日まで交流20kVで加圧されていたため,き電線を支持する碍子にはトンネルや跨線橋,交交セクションなどの一部区間を除いて,交流用の長く大きいものが用いられました.

 直流化工事は具体的には下図のような手順で行われました.

直流化工事手順(1)
(1) 工事開始前.直流き電線は交直セクションの手前で終端になっていました(交流区間の負き電線は省略).
直流化工事手順(2)
(2) 直流化される区間にき電線が新設されます.き電線は完成後は直流1500Vで加圧されますが,切り替え当日までは交流20kVで加圧されるため,き電線を支持する碍子は交流用の長く大きいものが用いられています.また,敦賀駅の直江津方では独立したき電線ではなく,き電線が吊架線を兼ねる「き電吊架方式」が採用されています.なお,トンネルや跨線橋,交交セクション部分など,一部直流用の碍子で支持されている場所もありますが,これらの場所ではき電線とトロリー線の接続は9月23日深夜の直流切り替え当日に行われました.
直流化工事手順(3)
(3) トロリー線とき電線がき電分岐線で接続されます.この時点でき電線は交流20kVで加圧されることになります.また,敦賀~南今庄の交直セクションでは新設準備として,吊架線にポリマー碍子が挿入されますが,この時点では導線で短絡されています.
直流化工事手順(4)
(4) 敦賀~南今庄の交直セクション予定地にデッドセクションが挿入され,切替当日まで交交セクションとして機能します.
直流化工事手順(5)
(5) 直流切り替え後.長浜~虎姫間および永原~近江塩津間の交直セクションのトロリー線に挿入されていたセクションインシュレータが撤去され(ただし,切替当日の時点では吊架線のポリマー碍子は残っています),同時に既設と新設のき電線がジャンパ線で接続されます.一方,敦賀~南今庄間に新設されたデッドセクションが新たな交直セクションとして機能します.
直流化工事手順(6)
(6) 吊架線のポリマー碍子も撤去され,デッドセクションの撤去が完了します.
地点1 地点2 地点3 地点4 地点5 地点6 地点7 地点8 地点9 地点10 地点11 地点12 地点13 地点14 地点15 地点16 地点17 地点18 地点19 地点20 地点21 地点22 地点23 地点24 地点25 地点26 地点27 地点28 地点29 地点30 地点31 地点32 地点33 地点34 地点35 地点36 地点37 地点38 地点39 地点40 地点41 敦賀-南今庄間の交直セクション 北陸本線-小浜線 敦賀駅構内の交直セクション(廃止) 北陸本線 敦賀駅構内の異相区分交交セクション(廃止) 湖西線 永原-近江塩津間の交直セクション(廃止) 北陸本線 高月-木ノ本間の異相区分交交セクション(廃止) 北陸本線 長浜-虎姫間の交直セクション(廃止)
直流化工事の範囲.番号をクリックするとその場所の様子を見ることができます.

各地点の時期別写真一覧
着工前 2005年9月 2005年12月 2006年2月 2006年3月 2006年4月 2006年5月 2006年6月 2006年7月 2006年8月 2006年9月 2006年9月(2) 切替前日 切替前日(2) 切替作業中 切替作業中(2) 切替作業中(3) 切替後 切替4日後 切替2週間後 直流化開業当日 2006年12月
長浜-虎姫
交直セクション
地点1 長浜-虎姫交直セクション-地点1-着工前 長浜-虎姫交直セクション-地点1-2005年9月 長浜-虎姫交直セクション-地点1-切替前日 長浜-虎姫交直セクション-地点1-切替後
地点2 長浜-虎姫交直セクション-地点2-着工前 長浜-虎姫交直セクション-地点2-2005年9月 長浜-虎姫交直セクション-地点2-2006年4月 長浜-虎姫交直セクション-地点2-2006年7月 長浜-虎姫交直セクション-地点2-2006年8月 長浜-虎姫交直セクション-地点2-2006年9月 長浜-虎姫交直セクション-地点2-2006年9月(2) 長浜-虎姫交直セクション-地点2-切替前日 長浜-虎姫交直セクション-地点2-切替作業中 長浜-虎姫交直セクション-地点2-切替後
地点3 長浜-虎姫交直セクション-地点3-着工前 長浜-虎姫交直セクション-地点3-2005年9月 長浜-虎姫交直セクション-地点3-2006年7月 長浜-虎姫交直セクション-地点3-2006年8月 長浜-虎姫交直セクション-地点3-2006年9月 長浜-虎姫交直セクション-地点3-切替前日 長浜-虎姫交直セクション-地点3-切替作業中 長浜-虎姫交直セクション-地点3-切替作業中(2) 長浜-虎姫交直セクション-地点3-切替作業中(3) 長浜-虎姫交直セクション-地点3-切替後 長浜-虎姫交直セクション-地点3-切替2週間後 長浜-虎姫交直セクション-地点3-2006年12月
地点4 長浜-虎姫交直セクション-地点4-2006年3月 長浜-虎姫交直セクション-地点4-2006年5月 長浜-虎姫交直セクション-地点4-2006年6月 長浜-虎姫交直セクション-地点4-2006年7月 長浜-虎姫交直セクション-地点4-2006年8月 長浜-虎姫交直セクション-地点4-切替前日 長浜-虎姫交直セクション-地点4-切替後
地点5 長浜-虎姫交直セクション-地点5-2006年6月 長浜-虎姫交直セクション-地点5-切替前日
地点6 長浜-虎姫交直セクション-地点6-2006年5月 長浜-虎姫交直セクション-地点6-2006年7月
地点7 長浜-虎姫交直セクション-地点7-着工前 長浜-虎姫交直セクション-地点7-2005年9月 長浜-虎姫交直セクション-地点7-切替前日 長浜-虎姫交直セクション-地点7-切替後
木ノ本変電所
交交セクション
地点8 木ノ本変電所交交セクション-地点8-2006年3月
地点9 木ノ本変電所交交セクション-地点9-2005年9月 木ノ本変電所交交セクション-地点9-2005年12月 木ノ本変電所交交セクション-地点9-2006年4月 木ノ本変電所交交セクション-地点9-2006年5月 木ノ本変電所交交セクション-地点9-2006年6月 木ノ本変電所交交セクション-地点9-2006年7月 木ノ本変電所交交セクション-地点9-2006年8月 木ノ本変電所交交セクション-地点9-切替前日 木ノ本変電所交交セクション-地点9-切替後
地点10 木ノ本変電所交交セクション-地点10-着工前 木ノ本変電所交交セクション-地点10-2005年9月 木ノ本変電所交交セクション-地点10-2005年12月 木ノ本変電所交交セクション-地点10-2006年6月 木ノ本変電所交交セクション-地点10-2006年7月 木ノ本変電所交交セクション-地点10-2006年8月 木ノ本変電所交交セクション-地点10-切替前日 木ノ本変電所交交セクション-地点10-切替後
永原-近江塩津
交直セクション
地点11 永原-近江塩津交直セクション-地点11-2005年9月
地点12 永原-近江塩津交直セクション-地点12-着工前 永原-近江塩津交直セクション-地点12-2005年9月 永原-近江塩津交直セクション-地点12-2006年8月 永原-近江塩津交直セクション-地点12-切替前日 永原-近江塩津交直セクション-地点12-切替後
近江塩津駅構内 地点13 近江塩津駅構内-地点13-着工前 近江塩津駅構内-地点13-2005年12月 近江塩津駅構内-地点13-2006年2月 近江塩津駅構内-地点13-切替前日
地点14 近江塩津駅構内-地点14-2005年12月 近江塩津駅構内-地点14-切替前日
沓掛き電区分所
交交セクション
地点15 沓掛き電区分所交交セクション-地点15-2005年9月 沓掛き電区分所交交セクション-地点15-2005年12月 沓掛き電区分所交交セクション-地点15-2006年3月 沓掛き電区分所交交セクション-地点15-2006年7月 沓掛き電区分所交交セクション-地点15-2006年8月 沓掛き電区分所交交セクション-地点15-切替前日 沓掛き電区分所交交セクション-地点15-切替後
地点16 沓掛き電区分所交交セクション-地点16-2006年7月 沓掛き電区分所交交セクション-地点16-切替前日 沓掛き電区分所交交セクション-地点16-切替後
地点17 沓掛き電区分所交交セクション-地点17-2006年7月 沓掛き電区分所交交セクション-地点17-2006年8月
新疋田駅構内 地点18 新疋田駅構内-地点18-2005年12月 新疋田駅構内-地点18-2006年7月 新疋田駅構内-地点18-2006年8月 新疋田駅構内-地点18-切替前日
地点19 新疋田駅構内-地点19-2005年12月 新疋田駅構内-地点19-2006年3月 新疋田駅構内-地点19-2006年8月 新疋田駅構内-地点19-切替前日 新疋田駅構内-地点19-切替後
地点20 新疋田駅構内-地点20-2006年5月 新疋田駅構内-地点20-2006年7月 新疋田駅構内-地点20-2006年8月 新疋田駅構内-地点20-切替前日 新疋田駅構内-地点20-切替後
地点21 新疋田駅構内-地点21-2006年5月
鳩原ループ交差部 地点22 鳩原ループ交差部-地点22-2006年5月
敦賀駅北陸-小浜
交直セクション
地点23 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-着工前 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-2005年9月 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-2005年12月 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-2006年2月 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-2006年7月 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-2006年8月 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-切替前日 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-切替後 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-切替4日後 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-切替2週間後 敦賀駅北陸-小浜交直セクション-地点23-直流化開業当日
敦賀駅構内 地点24 敦賀駅構内-地点24-2006年2月
地点25 敦賀駅構内-地点25-2006年2月 敦賀駅構内-地点25-切替後
地点26 敦賀駅構内-地点26-2006年2月 敦賀駅構内-地点26-切替後
地点27 敦賀駅構内-地点27-2006年2月
敦賀-南今庄
交直セクション
地点28 敦賀-南今庄交直セクション-地点28-2005年12月 敦賀-南今庄交直セクション-地点28-2006年2月 敦賀-南今庄交直セクション-地点28-2006年5月 敦賀-南今庄交直セクション-地点28-2006年7月 敦賀-南今庄交直セクション-地点28-2006年8月 敦賀-南今庄交直セクション-地点28-切替前日 敦賀-南今庄交直セクション-地点28-切替後
地点29 敦賀-南今庄交直セクション-地点29-2006年7月 敦賀-南今庄交直セクション-地点29-2006年8月 敦賀-南今庄交直セクション-地点29-切替後
地点30 敦賀-南今庄交直セクション-地点30-2006年7月 敦賀-南今庄交直セクション-地点30-2006年8月
地点31 敦賀-南今庄交直セクション-地点31-2006年4月
地点32 敦賀-南今庄交直セクション-地点32-2005年12月 敦賀-南今庄交直セクション-地点32-2006年6月 敦賀-南今庄交直セクション-地点32-2006年9月 敦賀-南今庄交直セクション-地点32-切替前日 敦賀-南今庄交直セクション-地点32-切替後
地点33 敦賀-南今庄交直セクション-地点33-2006年6月
地点34 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-2005年12月 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-2006年2月 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-2006年3月 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-2006年5月 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-2006年7月 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-2006年8月 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-切替前日 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-切替前日(2) 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-切替作業中 敦賀-南今庄交直セクション-地点34-切替後
地点35 敦賀-南今庄交直セクション-地点35-2006年7月 敦賀-南今庄交直セクション-地点35-2006年8月 敦賀-南今庄交直セクション-地点35-切替前日
地点36 敦賀-南今庄交直セクション-地点36-2006年7月 敦賀-南今庄交直セクション-地点36-2006年8月 敦賀-南今庄交直セクション-地点36-切替後
地点37 敦賀-南今庄交直セクション-地点37-2005年12月 敦賀-南今庄交直セクション-地点37-2006年5月 敦賀-南今庄交直セクション-地点37-2006年7月
地点38 敦賀-南今庄交直セクション-地点38-2006年4月 敦賀-南今庄交直セクション-地点38-2006年7月 敦賀-南今庄交直セクション-地点38-切替前日 敦賀-南今庄交直セクション-地点38-切替後
地点39 敦賀-南今庄交直セクション-地点39-2006年4月 敦賀-南今庄交直セクション-地点39-切替後
地点40 敦賀-南今庄交直セクション-地点40-2006年6月 敦賀-南今庄交直セクション-地点40-2006年7月 敦賀-南今庄交直セクション-地点40-2006年8月 敦賀-南今庄交直セクション-地点40-2006年9月 敦賀-南今庄交直セクション-地点40-切替前日 敦賀-南今庄交直セクション-地点40-切替後
地点41 敦賀-南今庄交直セクション-地点41-2006年5月 敦賀-南今庄交直セクション-地点41-2006年8月 敦賀-南今庄交直セクション-地点41-切替前日 敦賀-南今庄交直セクション-地点41-切替後

文中の色のついた部分をクリックすると写真の該当箇所のマークがON/OFFします.

 
  • 写真1
    1-1) 交直セクションの直流側(米原方)の架線柱.1991年9月に直流化された区間で,架線柱最上部に直流き電線が設置されています.しかし,架線の可動ブラケットを支持する長幹碍子は,閃絡導線の取り付け溝のある交流用のものがそのまま使われています.
  • 写真2
    1-2) すでに直流化されている区間ですが,今回の工事で架線柱がサビ色の耐候性鋼管製に建て替えられています.き電線(上部の太い電線)を吊るポリマー碍子は非常に小さい直流用のものです.
  • 写真3
    1-3) 直流電源切替前日の様子.
  • 写真4
    1-4) 直流電源切替当日の様子.交直切換標を撤去した跡が残っています.
  • 写真5
    2-1) 直流き電線の終端部.き電線が架線に接続されています.
  • 写真6
    2-2) 右側にき電線が新設されていて,ジャンパ線がぶら下がっています.直流化の際には左右が接続されるものと考えられます.
  • 写真7
    2-3) 直流き電線と新設き電線の接続準備が行われています.
  • 写真8
    2-4) 左は長浜方面からの直流き電線,右が新設のき電線ですが,2006年7月の時点では交流20kVで加圧されています.
  • 写真9
    2-5) 2006年8月時点の様子.あとおよそ1ヶ月でここにジャンパ線が接続され,新設き電線にも直流1500Vが加圧されます.
  • 写真10
    2-6) 廃止一週間前のき電線接続点.直流側(左)からもジャンパ線が伸びており,後は中央の端子(現時点では交流20kV加圧)にボルトで留めるだけです.
  • 写真11
    2-7) 直流側のジャンパ線を拡大してみたところ.小さい直流用ポリマー碍子で支持されています.中央の端子は現在交流20kVで加圧されているため,9/23深夜~9/24未明の切替作業時まで接続しないよう注意書きが付いています.
  • 写真12
    2-8) 直流電源切替前日の既設・新設き電線接続点.
  • 写真13
    2-9) 直流電源切替作業中の既設・新設き電線接続点.
  • 写真14
    2-10) 直流電源切替後のき電線接続点.ジャンパ線が接続されました.
  • 写真15
    3-1) 交直セクションの直流側入口.
  • 写真16
    3-2) 架線柱はそのままですが,上部にき電線が新設されています.き電線を吊るポリマー碍子は1)のものより大きい交流用のものです.このことから,新設されたき電線は今後架線(トロリー線)と接続され,切り替え直前まで交流で加圧されるのではないかと考えられます.
  • 写真17
    3-3) 交直セクションの直流側.
  • 写真18
    3-4) 廃止1ヶ月前の長浜-虎姫間交直セクション.
  • 写真19
    3-5) 廃止1週間前の長浜-虎姫間交直セクション.
  • 写真20
    3-6) 直流電源切替前日の様子.直流化を記念して運転された「リバイバルくずりゅう」の通過が花を添えました.
  • 写真21
    3-7) 直流電源切替工事中(その1).下り線側のセクションインシュレータは既に撤去され,これから上り線側の撤去工事が行われます.
  • 写真22
    3-8) 上り線交直セクションのインシュレータ取り外し作業中.
  • 写真23
    3-9) セクションインシュレータ撤去完了.銅製のトロリー線に張り替えられています.
  • 写真24
    3-10) 交直セクション撤去跡.吊架線を絶縁していたポリマー碍子はまだ残っています.
  • 写真25
    3-11) 吊架線のポリマー碍子も完全に撤去されました.交流側セクションインシュレータの前後を支持していた狭い間隔の架線柱も一部撤去され,かつてここに交直セクションが存在したことを示す痕跡はほぼ完全に無くなっています.
  • 写真26
    3-12) 交流側に設置されていた負き電線も撤去されました.
  • 写真27
    4-1) デッドセクション直下の絶縁継目の交流側には直流用のインピーダンスボンド(中央)が準備されています.直流化時に奥の交流用インピーダンスボンドからつなぎ変えられ,手前の直流側のインピーダンスボンドと接続されるものと思われます.
  • 写真28
    4-2) 直流用・交流用のインピーダンスボンドが伸び始めた夏草に埋まっています.
  • 写真29
    4-3) 新設される直流用インピーダンスボンドのそばまでケーブルが準備されています.
  • 写真30
    4-4) 直流用・交流用のインピーダンスボンドが再び夏草に埋まっています.
  • 写真31
    4-5) 伸びていた夏草がきれいに刈り込まれています.
  • 写真32
    4-6) 直流電源切替前日の様子.交流用のインピーダンスボンドは既に撤去されています.
  • 写真33
    4-7) 直流電源切替後の様子.既設・新設の直流用インピーダンスボンドの中性点同士が接続されました.
  • 写真34
    5-1) 交直セクション付近の架線柱に設置された機器.試験用のインターフォンか何かでしょうか?
  • 写真35
    5-2) 名前がなぜか「交直切替テレスピ」に変わっています.
  • 写真36
    6-1) 交直セクションの交流側.新設されたき電線とトロリー線の接続準備が行われています.
  • 写真37
    6-2) 交直セクションの交流側.新設き電線とトロリー線が接続されました.この時点でき電線は交流20kVで加圧されたことになります.
  • 写真38
    7-1) 交直セクションの交流側(踏切から撮影).架線と負き電線のみの大変シンプルな構造です.
  • 写真39
    7-2) 交直セクションの交流側(踏切から撮影).線路をまたぐのは国道8号線です.ここの架線柱の上部にもき電線が新設されています.
  • 写真40
    7-3) 交直セクション交流側の直流電源切替前日の様子.
  • 写真41
    7-4) 直流電源切替後の様子.交直切換標や黄・黒のシマシマ標識などが撤去されています.
  • 写真42
    8-1) 木ノ本変電所の隅には変電所の直流出力化に向けた機器が設置されています.
  • 写真43
    9-1) 高月-木ノ本間の木ノ本変電所付近.従来からの交流正き電線(敦賀方のトロリー線に接続される)と帰線電流吸い上げ用の負き電線に加え,最上部に直流き電線が新設されています.
  • 写真44
    9-2) 木ノ本変電所付近.最上段の直流き電線が架線柱1区間分だけ重複して張られています.直流化された木ノ本変電所の出力が米原方,敦賀方の架線にそれぞれ接続され,き電区分されるようです.
  • 写真45
    9-3) 木ノ本変電所からの直流電力を引き出すための端子が設置されています..
  • 写真46
    9-4) 木ノ本変電所から直流を出力するケーブルが設置されています.
  • 写真47
    9-5) 木ノ本変電所からの直流出力のケーブルがき電線のすぐそばまでのびていました.
  • 写真48
    9-6) 木ノ本変電所からの直流出力のケーブル引き出し部分.き電線にはまだ接続されていません.
  • 写真49
    9-7) 木ノ本変電所での直流化工事は最後の出力部接続を残してほぼ完了している様子です.
  • 写真50
    9-8) 直流電源切替前日の木ノ本変電所出力引き出し部分.
  • 写真51
    9-9) 直流電源切替後の様子.変電所からの出力ケーブルがき電線に接続されました.
  • 写真52
    10-1) 木ノ本変電所の異相区分交交セクション.架線柱上部に敦賀方の架線に電力を供給する正き電線,その下に負き電線が設置されています.
  • 写真53
    10-2) 木ノ本変電所の異相区分交交セクション.き電線はまだ設置されていませんが,架線柱が一部建て替えられ,き電線を吊る金具がすでに設置されています.
  • 写真54
    10-3) 交交セクションの部分にもき電線が設置されています.
  • 写真55
    10-4) 交交セクションの敦賀側でも直流き電線とトロリー線の接続準備がされています.
  • 写真56
    10-5) 木ノ本変電所の交交セクション.この付近ではき電線とトロリー線はまだ接続されていません.
  • 写真57
    10-6) 交交セクションの敦賀側とき電線が接続されています.
  • 写真58
    10-7) 直流電源切替前日の木ノ本変電所異相区分交交セクション.
  • 写真59
    10-8) 直流電源切替後の様子.セクションインシュレータは撤去され銅製トロリー線に張り替えられました.なお,木ノ本変電所のき電区分はすぐそばに設置されたエアセクションで行われています.
  • 写真60
    11-1) 永原-近江塩津間の交直セクションの山科方(直流側).奥がこの先にある塩津変電所(直流)からのき電線の終端部,手前が新設されたき電線で,長浜-虎姫の交直セクションと同様にジャンパ線が準備されています.なお,2006年5月現在,撮影地点は立入禁止になっています.
  • 写真61
    12-1) 永原-近江塩津の交直セクション(柵の外から撮影,ただし2006年5月現在,撮影地点は立入禁止になっています).
  • 写真62
    12-2) 永原-近江塩津の交直セクション(柵の外から撮影,ただし2006年5月現在,撮影地点は立入禁止になっています).左右の架線柱間に水平ビームが新設され,直流き電線が交流用のポリマー碍子で吊られています.
  • 写真63
    12-3) 永原-近江塩津の交直セクションの交流側にあるトラス橋部分で新設き電線とトロリー線が接続されていました.湖西線のき電線も仮に交流20kVで加圧されたことになります.
  • 写真64
    12-4) 直流電源切替前日のセクションインシュレータを地上から見たところ.
  • 写真65
    12-5) 直流電源切替後の交直セクション跡.セクションインシュレータが撤去されて銅製トロリー線に張り替えられています.
  • 写真66
    13-1) 近江塩津構内(湖西線側)の架線ビーム.上部には負き電線のみが設置されています.
  • 写真67
    13-2) 近江塩津構内(湖西線側).架線ビーム上部に4本のき電線が設置され,かなり賑やかになっています.
  • 写真68
    13-3) き電線を架設するための金車(滑車)がぶら下がっています.パイロットロープをここへ掛け,き電線を付けて引っ張ります.
  • 写真69
    13-4) 直流電源切替前日の様子.近江塩津駅構内にも変電所が新設されており,き電線との接続準備が行われていました.
  • 写真70
    14-1) 近江塩津駅構内.北陸線側にも同様にき電線が設置されています.
  • 写真71
    14-2) 近江塩津駅構内の架線ビームの様子.変電所からの出力・引き出しなどで複雑な構造になっています.
  • 写真72
    15-1) 近江塩津駅の敦賀方,深坂トンネル南側出口付近にある沓掛き電区分所の交交セクション.まだ目立った工事は行われていません.なお,深坂トンネル内へのき電線新設が,今回の直流化工事の最大のヤマではないかと思われます.
  • 写真73
    15-2) 沓掛き電区分所の交交セクション部分.上下線の架線柱間にビームが追加され,き電線が設置されています.
  • 写真74
    15-3) 沓掛き電区分所の交交セクション部分を反対側から見たところ.
  • 写真75
    15-4) 沓掛き電区分所の交交セクション.少しずつき電線などの設置が進んでいます.
  • 写真76
    15-5) 沓掛き電区分所の交交セクション部分.
  • 写真77
    15-6) 直流電源切替前日の異相区分交交セクション.
  • 写真78
    15-7) 直流電源切替後の様子.セクションインシュレータが撤去され銅製トロリー線に張り替えられています.なお,架線死区間標識(交交用)も撤去されています.
  • 写真79
    16-1) 交交セクション部分のき電線.ここのポリマー碍子は非常に小さい直流用です.
  • 写真80
    16-2) 直流電源切替前日の様子.
  • 写真81
    16-3) この部分のき電線とトロリー線は切替当日にようやく接続されました.
  • 写真82
    17-1) き電線につけられた表示.この付近のき電線は直流用のポリマー碍子で支持されているため,現時点では交流20kVで加圧されたトロリー線とは接続できません.そのため,この付近の接続は直流への切換当日(9/23深夜)に行われるようです.
  • 写真83
    17-2) 直流化工事まであと1ヶ月となりました.
  • 写真84
    18-1) 新疋田駅構内.ここもき電線の設置が完了しています.
  • 写真85
    18-2) 新疋田駅構内でもき電線とトロリー線が接続され,交流20kVで加圧されました.
  • 写真86
    18-3) 交流20kVで仮に加圧された新疋田駅構内の新設き電線.
  • 写真87
    18-4) 直流電源切替前日の様子.
  • 写真88
    19-1) 新疋田駅構内の敦賀方には直流用と思われる変電所が建設されています.
  • 写真89
    19-2) 新疋田駅構内に新設された直流用変電所を上り線ホームから見たところ.
  • 写真90
    19-3) 新疋田駅構内に新設された直流変電所の工事も最後の接続を残してほぼ完成しているようです.
  • 写真91
    19-4) 新疋田駅構内に新設された直流用変電所の直流電源切替前日の様子.出力ケーブルとき電線の接続準備が行われています.
  • 写真92
    19-5) 出力ケーブルとき電線が接続され変電所の使用が開始されました.
  • 写真93
    20-1) 新疋田駅ホームでは,新快速電車の停車に備えて上屋が新設されています.
  • 写真94
    20-2) 新設されたホーム上屋を構内踏切から見たところ.
  • 写真95
    20-3) 新疋田駅のホームを223系や125系などの新型電車の入線に備えて嵩上げする工事が行われています.また,ホームの向こうに見える駅本屋も改築工事中です.
  • 写真96
    20-4) 直流電源切替の夕方の新疋田駅.トワイライトエクスプレス利用の団体列車が上り特急「サンダーバード」を待避中です.
  • 写真97
    20-5) 直流電源で新疋田駅を快走中の上り特急「サンダーバード」.
  • 写真98
    21-1) 新疋田駅から見た深坂トンネル直江津方入口.ポータル左上に,トンネル内に引き込まれる直流き電線が見えます.
  • 写真99
    22-1) 新疋田-敦賀間の上り線にあるループ線(鳩原ループ)の上下線交差部付近の様子.
  • 写真100
    23-1) 設置直後の敦賀駅 北陸本線-小浜線渡り線の交直セクション.小浜線東舞鶴方から北陸本線下り線ホームへの片渡り線上にあります.
  • 写真101
    23-2) 渡り線のレールが一時撤去されています.ただし,セクションインシュレータそのものは残されています.さらに,き電線を吊るための金具が架線柱ビームの上に追加されています.
  • 写真102
    23-3) 渡り線が両渡りに改造されて(ただし,追加された北陸本線下り線から小浜線ホームへの渡り線には今のところ架線は張られていません)復活しています.また,直流用のき電線も設置されているのがわかります.
  • 写真103
    23-4) 列車通過回数の少ない渡り線は完全に雪の下に埋まっています.
  • 写真104
    23-5) 2003年の小浜線直流電化に伴って新設された新しい交直セクションですが,臨時列車以外ではほとんど使用されないまま役目を終えることになりそうです.
  • 写真105
    23-6) 敦賀駅構内の北陸本線-小浜線の交直セクション.ほとんど使用されないまま,あと1ヶ月で消滅を迎えようとしています.
  • 写真106
    23-7) 直流電源切替前日の敦賀駅構内交直セクション.
  • 写真107
    23-8) 直流電源切替後の様子.架線死区間標識は撤去されましたが,デッドセクションそのものは直直セクション状態で残されています.
  • 写真108
    23-9) 直流電源切替4日後.今まで架線が張られていなかった北陸下り本線→敦賀駅小浜線ホーム(1・2番線)方向の渡り線に吊架線が張られています.
  • 写真109
    23-10) 直直セクション状態で残っていたデッドセクションも撤去(スライダ付きの通常の直流用セクションインシュレータに交換)されました.また,北陸下り本線→敦賀駅小浜線ホーム(1・2番線)方向の渡り線にも架線が張られ,両渡り線としての機能が整いました.
  • 写真110
    23-11) ついに下り新快速の一番電車が敦賀駅にやって来ました.
  • 写真111
    24-1) 敦賀変電所の出力部分.
  • 写真112
    25-1) 敦賀変電所の出力部分を別角度から見たところ.その向こうには新しいヤグラ状の鉄柱が組み上げられており,直流出力の接続部分になるものと思われます.
  • 写真113
    25-2) 敦賀変電所に追加された直流電源出力の引き出し部分.
  • 写真114
    26-1) 本線の線路上にもヤグラ状の鉄柱が組み上げられています.
  • 写真115
    26-2) 敦賀変電所からの直流電源出力が新設されたき電線に接続されています.
  • 写真116
    27-1) 敦賀港線の踏切から見た敦賀駅構内の様子.銀色の真新しいき電線が太陽の光を反射して輝いています.
  • 写真117
    28-1) 敦賀-南今庄間上り線に設置される交直セクションの予定地.架線柱の間隔がここだけ狭く,線路脇にレール絶縁のための交流・直流用それぞれのインピーダンスボンドが設置されています.
  • 写真118
    28-2) 下り線の架線がき電吊架線方式に変更され,上り線の古い架線柱が一部撤去されています.
  • 写真119
    28-3) 上り線の交流側に電力を供給する交流き電線が設置されています.
  • 写真120
    28-4) 上り線の吊架線にとうとうポリマー碍子が挿入されました.
  • 写真121
    28-5) 上り線のトロリー線にもセクションインシュレータが挿入され,正式にデッドセクションになりました.9月24日に敦賀駅方が直流化されるまで,交交セクションとして機能することになります.
  • 写真122
    28-6) 直流電源切替前日の上り線交直セクション(約1ヶ月間暫定的に交交セクションとして使用されました).
  • 写真123
    28-7) 直流電源切替後,交直セクションとして正式に使用開始されました.
  • 写真124
    29-1) 吊架線部分を拡大して見たところ.トロリー線は元のままで,セクションインシュレータはまだ挿入されていません.
  • 写真125
    29-2) 新たに挿入されたセクションインシュレータを拡大して見たところ.
  • 写真126
    29-3) 設置されて間もないので,新品のセクションインシュレータが真っ白に輝いています.
  • 写真127
    30-1) 吊架線に挿入されたポリマー碍子を拡大して見たところ.絶縁の必要はまだ無いため,碍子の両端はリード線で接続された状態になっています.
  • 写真128
    30-2) ポリマー碍子とセクションインシュレータ.長浜-虎姫間の交直セクションなど,他のJR西日本管内の交直セクションとほとんど同じ構造です.
  • 写真129
    31-1) 上り線のレールに絶縁継目が2ヶ所挿入されていました.
  • 写真130
    32-1) 上り線交直セクションの予定地には直流用のインピーダンスボンドが設置されています.
  • 写真131
    32-2) 絶縁継目付近のレールと直流用インピーダンスボンドの接続準備がなされています.
  • 写真132
    32-3) 絶縁継目付近のレールと直流用インピーダンスボンドがケーブルで接続されました.
  • 写真133
    32-4) 直流用インピーダンスボンド.暫定的に中性点が接続されています.
  • 写真134
    32-5) 直流電源切替後の様子.中性点の仮接続が外されました.
  • 写真135
    33-1) 上り線交直セクションの直江津側にある踏切から敦賀駅方を見たところ.下り線(右側)は直流化されるため,き電吊架線方式に変更されており,さらに最上部に交流側へのき電線が設置されています.一方,交直セクションの交流側になる上り線は通常の架線のままになっており,交流き電線も設置されていません.
  • 写真136
    34-1) 敦賀-南今庄間下り線に設置される交直セクションの予定地.長浜-敦賀間直流化の工事終点でもあります.300mほど先には北陸トンネルの入口があります.なお,上り線の交直セクションからは直江津方へ500mほどの距離があり,両者の間は下り線が直流電化・上り線が交流電化ということになります.
  • 写真137
    34-2) 古い架線柱が一部撤去されていました.
  • 写真138
    34-3) 架線柱の上部に,交直セクションの交流側に電力を供給する交流用き電線(直流用のものより細い)が設置されていました.
  • 写真139
    34-4) 背景の山の緑がだいぶ濃くなっています.この山が紅葉するころには交直セクションも使用開始を迎えます.
  • 写真140
    34-5) 下り線の交直セクション予定地の吊架線にもポリマー碍子が挿入されています.
  • 写真141
    34-6) 下り線のトロリー線にもセクションインシュレータが挿入され,デッドセクションが完成しました.9月24日の直流化までは交交セクションとして使用されるため,架線柱に架線死区間標識(交交用)が設置されています.
  • 写真142
    34-7) 直流電源切替前日の様子.暫定的に設置された交交用の架線死区間標識の上にビニールを被せられた交直用の架線死区間標識が見えます.
  • 写真143
    34-8) 切替工事前の最終旅客列車(敦賀22:37発 普通福井行き)が通過していきました.
  • 写真144
    34-9) 最終列車通過後,直ちに切替工事が始まりました.
  • 写真145
    34-10) 暫定設置されていた交交用の架線死区間標識も撤去され,下り線側も正式に交直セクションとして使用開始されました.
  • 写真146
    35-1) ポリマー碍子が挿入された吊架線を拡大して見たところ.
  • 写真147
    35-2) デッドセクション部分を拡大して見たところ.
  • 写真148
    35-3) 直流電源切替前日のデッドセクションの様子.
  • 写真149
    36-1) 交直セクションでは,保護回路の関係で直流→交流のほうが交流→直流の場合よりも無電区間を長く取る必要があるため,下り線側は北陸自動車道との交差部分の真下付近にもポリマー碍子が挿入され,合計で60m程度の長さになっています.
  • 写真150
    36-2) 下り線の直江津方に挿入された短い(8m)セクションインシュレータ.
  • 写真151
    36-3) 直流電源切替後の下り線交直セクション出口のセクションインシュレータ.
  • 写真152
    37-1) 下り線交直セクションの予定地には,直流用と交流用のインピーダンスボンドが機器箱を挟んで向かい合わせに設置されています.
  • 写真153
    37-2) インピーダンスボンドとレールを接続するケーブルが設置されました.
  • 写真154
    37-3) インピーダンスボンドが夏草に埋まりかけています.
  • 写真155
    38-1) 下り線のレールに絶縁継目が2ヶ所挿入されていました.
  • 写真156
    38-2) 絶縁継ぎ目付近にインピーダンスボンドとの接続ケーブルが何本か設置されています.
  • 写真157
    38-3) 直流電源切替前日の交直セクション直下のレール絶縁部分.
  • 写真158
    38-4) 直流電源切替後のレール絶縁部分.絶縁区間内に仮接続されていたケーブルも撤去されました.
  • 写真159
    39-1) 実際に交直セクションが設置されるまでレール絶縁は必要ないので,両端が細い導線で短絡されています.
  • 写真160
    39-2) 直流電源切替後の様子.絶縁継目を短絡していた導線が取り外されています.
  • 写真161
    40-1) 下り線交直セクション付近に新設された断路器.
  • 写真162
    40-2) 新設された断路器に無電区間内のレールが接続されています.
  • 写真163
    40-3) 右側の断路器は無電区間内のトロリー線と交流正き電線,左側の断路器は無電区間内のレールと負き電線を接続しています.下り線の交直セクションは北陸トンネルの入り口に向かって上り勾配になっている上,無電区間も長いため,切換中に登り切れずに無電区間内に止まってしまった場合に備えて無電区間を短縮できるようにしてあるものと考えられます.
  • 写真164
    40-4) 右の正き電線,左の負き電線の断路器がともに投入されています.直流電源切替までは交交セクションとして機能しているため,少しでも無電区間を短くするためと考えられます.
  • 写真165
    40-5) 直流電源切替前日の断路器の様子.
  • 写真166
    40-6) 直流電源切替後の断路器.無電区間を作るため,断路器が開放されました.
  • 写真167
    41-1) 下り線交直セクションの交流側.上部に見える交流き電線の終端とトロリー線を結ぶ電線が準備されています.
  • 写真168
    41-2) 敦賀変電所から伸びてきた交流正き電線とデッドセクションの直江津方のトロリー線が接続されました.
  • 写真169
    41-3) 直流電源切替前日の交流き電線と交直セクション交流側接続部の様子.
  • 写真170
    41-4) 直流電源切替後の様子.北陸トンネル内を含めた交流側の架線はこのき電線を通して電力が供給されています.
最初へ移動 最後へ移動
上へ戻る
時期別写真一覧へ戻る
地図へ戻る