北陸新幹線 新梶屋敷補助き電区分所


トップページ>異周波数切替セクション>新梶屋敷補助き電区分所

 北陸(長野)新幹線は,上越新幹線の高崎から長野,上越,富山,金沢,福井,敦賀を経由して大阪までを結ぶ路線(ただし敦賀~大阪間はルート未定)で,2015年3月14日現在は高崎~金沢間が開業しています.

 2015年3月の延伸区間である長野-金沢間では,新高田き電区分所新糸魚川き電区分所間が60Hz区間に挟まれた50Hz区間になっており,同区間への50Hz電力の供給は新上越変電所が担当していますが,同変電所が事故・トラブルその他で供給停止に陥った場合は隣接する新長野変電所または新黒部変電所からの延長き電により60Hz電力が供給されることになっています.そのため,同区間にある新桑取補助き電区分所(以下SSPと表記),新能生SSP,そして本ページで紹介する新梶屋敷SSPの電気設備は50Hz/60Hz両用となっています.

 補助き電区分所は文字通り補助的にき電区分を行うために設置されています.通常時は補助き電区分所の両端は断路器を介して接続されていますが,事故・災害などの非常時には補助き電区分所の地点で両区間のATき電線・トロリー線を電気的に切り離し,健全な方の区間への電力供給を継続することが可能になります.

 新梶屋敷補助き電区分所はえちごトキめき鉄道 糸魚川-梶屋敷間の交直セクション(交流20kV 60Hz/直流1500V)のすぐ近くにあります.また,同じ糸魚川市内には新糸魚川き電区分所もあることから,フォッサマグナの西端(糸魚川静岡構造線)に位置し,「天下の険」親不知を抱える糸魚川は地理的に東西の接点であるだけでなく,電気的にも交流と直流の,さらには交流50Hzと60Hzの接点にもなっており,技術的にも非常に興味深い地域であるといえます.

 
  • 写真1
    1) えちごトキめき鉄道 糸魚川-梶屋敷間の交直セクション付近から見た新梶屋敷補助き電区分所.
  • 写真2
    2) 新梶屋敷補助き電区分所のゲート.
  • 写真3
    3) 新梶屋敷補助き電区分所の鉄構.上り線・下り線の東京方・金沢方それぞれのATき電線とトロリー線が引き下げ線で地上に降ろされています.手前の架線柱にはエアセクションの存在を示す電車線区分標が見えます.
  • 写真4
    4) 新梶屋敷補助き電区分所の全景.新高田き電区分所新糸魚川き電区分所とは異なり,主要な電気設備が全て屋外に設置されています.
  • 写真5
    5) 補助き電区分所の主要設備の1つである単巻変圧器(オートトランス・AT).両端が下り線のATき電線・トロリー線に接続されており,中間タップは中性線を介してレールに接続されています.
  • 写真6
    6) 下り線側のATき電線(フィーダー・F)・トロリー線(T)の開閉設備.通常時は東京方のATき電線・トロリー線はそれぞれ断路器を介して金沢方のATき電線・トロリー線と接続されています.
  • 写真7
    7) 上り線側のATき電線・トロリー線と接続用の開閉設備.
  • 写真8
    8) 上り線側の単巻変圧器(AT).
  • 写真9
    9) 開閉設備の脇から鉄鋼を見上げたところ.中セクションが無い分だけ,き電区分所よりも接続線の数が少なくなっています.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る