北陸新幹線 新上越変電所


トップページ>デッドセクション>異周波数切替セクション>新上越変電所

 北陸新幹線は,上越新幹線の高崎から長野,上越,富山,金沢,福井,敦賀を経由して大阪までを結ぶ路線(ただし敦賀~大阪間はルート未定)で,2015年3月14日現在は高崎~金沢間が開業しています.

 北陸新幹線の特徴の一つとして,ルートの途中で電源周波数が50Hz⇔60Hzの間で切り替わることが挙げられます.最初に開業した東海道新幹線も静岡県の富士川を境に商用電源の周波数が変わりますが(東側が50Hz~西側が60Hz),当時は車両側での両周波数対応が困難であったこともあり,50Hz地域内では東京電力から受電した50Hzの電力を専用の周波数変換変電所で60Hzに変換しており,列車に供給される電源としては全線60Hzで統一されています.一方,その後の技術の進歩で車両側での両周波数対応が可能になったことから,北陸新幹線では電源周波数の切り替えが行われることとなりました.しかも,ルートの関係で下り列車の場合では高崎(東京電力50Hz)→長野(中部電力60Hz)→上越(東北電力50Hz)→富山(北陸電力60Hz)と3回も切り替わることになります.

実際の周波数切り替えは軽井沢-佐久平間の新軽井沢き電区分所,上越妙高-糸魚川間の新高田き電区分所および糸魚川-黒部宇奈月温泉間の新糸魚川き電区分所に設置された異周波数切替セクションで行われています.新高田き電区分所~新糸魚川き電区分所間(39.6km)は50Hz区間ですが両端を60Hz区間に挟まれており,当該区間へ50Hz電力を供給している唯一の変電所が新上越変電所です.新上越変電所はえちごトキめき鉄道の高田駅西方の山中にあり,東北電力から154kV 50Hzで受電しています.豪雪地帯の山間部にあることもあり,受電鉄構以外のほとんどの主要機器は屋内に収納されています.また,異相区分切替セクションや架線(トロリー線)およびATき電線への接続点は上越妙高から約5km金沢寄りの高田トンネル内にあり,両者はケーブル洞道で結ばれているため,変電所周辺からは新幹線の線路が一切見えないのも特徴です.

なお,新上越変電所が送電線への落雷,雪害その他のトラブルで50Hz電力の供給を停止した場合は,隣接する新長野変電所または新黒部変電所から60Hz電力の延長き電を受けることになります.そのため,同区間にある電気設備(新桑取,新能生および新梶屋敷補助き電区分所(SSP))は50Hz/60Hzの両対応となっています.


 
  • 写真1
    1) えちごトキめき鉄道の高田駅西方の山道をひたすら歩くと山中に突如大きな建物が現れます.
  • 写真2
    2) JR西日本の新幹線関連の設備であることを示すフェンスの注意表記.
  • 写真3
    3) 屋内の変電機器の放熱のために設置された巨大なラジエーター.
  • 写真4
    4) 東北電力の最終送電鉄塔と受電鉄構.
  • 写真5
    5) 変電所への送電線は設置されて間もないため,新しい電線が光っています.
  • 写真6
    6) 東北電力の最終鉄塔.3相交流154kVが2回線ありますが,碍子の形式が左(1L)は長幹碍子,右(2L)は懸垂碍子と異なっています.
  • 写真7
    7) 正面から見た新上越変電所の全景.
  • 写真8
    8) 新上越変電所のゲート.
  • 写真9
    9) 変電所名を示す銘板.
  • 写真10
    10) 1L側の鉄構と受電設備.
  • 写真11
    11) 1L側受電鉄構の引き留め部拡大.最終鉄塔と同じ長幹碍子が使用されています.
  • 写真12
    12) 2L側の鉄構と受電設備.
  • 写真13
    13) 2L側受電鉄構の引き留め部拡大.こちら側も最終鉄塔と同じ懸垂碍子が使用されています.
  • 写真14
    14) わずかに屋外に設置されている受電設備.
  • 写真15
    15) 電気設備には積雪を防ぐためか傘状のカバーが付いています.
  • 写真16
    16) 厳しい自然環境にさらされながら,北陸新幹線の安定運行を支えています.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る