常磐線 土浦-神立間の異相区分交交セクション
(土浦変電所)


トップページ>デッドセクション>常磐線 土浦-神立間の異相区分交交セクション(土浦変電所)

 常磐線は東北本線の日暮里と岩沼間を太平洋沿岸を経由して結ぶ343.7kmの路線で,日暮里-藤代間が直流1500V,藤代-岩沼間が交流20kV50Hzで電化されており,藤代駅構内に交直セクションが設置されています.

 土浦変電所は土浦駅と神立駅の間に設置され,通常時は藤代変電所とのき電境界である牛久き電区分所から友部変電所とのき電境界である石岡き電区分所までのき電を担当しています.

隣接セクション: ←日暮里方 牛久き電区分所/石岡き電区分所 岩沼方→

周辺の地図

(動画から切り出した画像のためやや画質が悪くなっています)

 
  • 写真1
    1) 上り線の交交セクション手前の架線死区間予告標.
  • 写真2
    2) 土浦変電所のき電線引き出し部.
  • 写真3
    3) 土浦変電所から上下線石岡方面のトロリー線へのき電線接続部.
  • 写真4
    4) 上り線の交交セクション.下り線の交交セクションはここではなくもう少し土浦寄りにあります.
  • 写真5
    5) 上り線牛久方面のトロリー線へのき電線接続部.
  • 写真6
    6) 上り列車の惰行解除を示す力行標.
  • 写真7
    7) 上り列車の先頭から見た下り線の交交セクション.土浦駅北側の電留線が上下線間に設置されているため,セクションの先で上下線の線路が離れています.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る