日本の『デッドセクション』徳島の鉄道


トップページ>日本の「デッドセクション」徳島の鉄道

 徳島県は,過去~現在(~未来・・・とは言いたくありません)に至るまで全く鉄道の電化区間が存在しない,日本で唯一の都道府県となっています.どうしてそうなった(なってしまった)かについては,下記のような理由があるかと思います.

 以上のような状況から,近い将来での本格的な電化は望めそうにない徳島の鉄道ですが,「電車」が走る望みが全く無いかと言うとそうではありません.2014年1月~2月にかけて高徳線・鳴門線・徳島線で走行試験を行った近畿車輛の「Smart BEST」は,「メインの動力はあくまでもバッテリーとモーター,搭載したディーゼルエンジン発電機はバッテリーの電力が減った分の充電用」との位置付けで,鉄道事業を所管する国土交通省はあくまで,「ハイブリッド気動車」の一種であるとの見解のようですが,少なくとも開発元の近畿車輛と走行試験に協力したJR四国は「自己充電型バッテリー電車」と呼んでおり,本車両を「電車」であると考えているようです.JR四国での具体的な導入計画は無いとのことですが,今後の国土交通省の見解,および本方式の普及具合によっては,「電車」と認められて徳島県内を営業運転するという可能性もあるかと思います.

 また,この「Smart BEST」にプラグインハイブリッド車のような充電端子を取り付け,車両基地内で一晩フル充電してから出発・・・というように発展させれば,「地上から電力の供給を受け,モーターを駆動して自走する」という電車の定義にもほぼ合致するのではないか,と思います.素人考えかもしれませんが・・・.

 ともかく,現在の徳島の鉄道には架線(またはそれに類するもの・・・正式には電車線と呼ぶ)は一切存在しません.架線がないのだから当然電気も流れていません.「架線に電気が流れていない区間」がデッドセクションの定義であるならば,「架線に電気が流れていない」→「電気の流れている架線がない」とやや強引な読み替えを行えば,「徳島の鉄道は全線が『デッドセクション』である」と言ってしまっても良いのかもしれません.以前にNHKの番組に出演した際に,そのような趣旨で発言したところ,(一部では)それなりの?反響があったようです.

 本項ではそんな徳島(とその近隣の)鉄道,鉄道に近いもの,その他を折に触れて画像で紹介していきたいと思います

 下の項目については別ページを設けていますので合わせて御覧下さい

 
  • 写真1
    1) 予讃線・高徳線高松駅.直流1500V電化の予讃線ホーム(4番線)には架線が張られていますが,隣の高徳線ホーム(3番線)には架線は張られていません.徳島県の長い「デッドセクション」はここから始まります.
  • 写真2
    2) 高松駅ホーム端から松山・徳島方を見たところ,奥に伸びる3本の線路のうち,一番左の架線がない線路が高徳線です.
  • 写真3
    3) 高松駅3番線に到着する高徳線の特急「うずしお」.
  • 写真4
    4) 高松駅2番線で発車を待つ高徳線引田行きの普通列車.このホームにもやはり架線は張られていません.
  • 写真5
    5) 高松駅から線路沿いに少し歩いた地点.一目見たときは「高徳線の線路に架線が張られている!」と思いましたが,(残念ながら?)隣の予讃線の架線の引き留め部が伸びているだけでした.
  • 写真6
    6) 同地点を跨線橋の上から見たところ.ここだけを見れば,やはり電化されているように見えなくもありません.
  • 写真7
    7) 同地点を反対側から見たところ.やっぱり架線が張られているように見えます.
  • 写真8
    8) 予讃線・高徳線手前の踏み切りから高松駅方を見たところ.
  • 写真9
    9) 予讃線・高徳線の分岐・合流地点を踏み切りから見たところ.右にカーブしていく複線電化の線路が予讃線松山方,直進し,その先でやや左にカーブしている単線非電化の線路が高徳線です.架線ともここでお別れです.
  • 写真10
    10) 分岐点を松山方向へ走行する121系電車.
  • 写真11
    11) 合流点を高松方向へ走行する121系電車.ワンマン化改造を受けた車両は帯色が赤に変更されています.
  • 写真12
    12) 合流点を高松方向へ走行する快速「マリンライナー」.前3両がJR四国5000系,後2両がJR西日本の223系5000番台.
  • 写真13
    13) 合流点を高松方向へ走行する高徳線普通列車.こちらは当然気動車です.
  • 写真14
    14) 徳島の「デッドセクション」のもう一方の末端,土讃線の琴平駅構内.高松方面からの電車は当駅が終着となります.
  • 写真15
    15) 土讃線の電化にはコスト削減のため,おもに吊架線(メッセンジャー)を省略した直接吊架式が採用されています.たわみによる架線高さの変動が大きく,離線しやすいため,運転速度がそれほど高くない線区のごく一部に採用されています.
  • 写真16
    16) 土讃線琴平駅南方の架線末端部.
  • 写真17
    17) 架線末端部を反対側から見たところ.この先が徳島県に続く本当の非電化区間です.
  • 写真18
    18) 架線末端部をアップで見たところ.
  • 写真19
    19) 架線の引き留め部.後ろに見える讃岐山脈は温暖な香川には珍しく雪を被っています.
  • 写真20
    20) 徳島の「デッドセクション」中心地,徳島運転所および徳島駅の様子.ご覧の通りの気動車天国です.
  • 写真21
    21) 徳島運転所に来所した珍客,自己充電型バッテリー電車「Smart BEST」(敷地外から撮影・以下同じ).徳島県を「電車が唯一走っていない県」から脱却させてくれた(かもしれない)車両です.なお,後日に行われた体験試乗会の様子は徳島線の自己充電型バッテリー電車「Smart BEST」試乗会で詳しく紹介しています.
  • 写真22
    22) 車体側面のロゴ.
  • 写真23
    23) 車体側面のロゴ(その2).ハイブリッド車であることを分かりやすく示しています.
  • 写真24
    24) 前頭部を横から見たところ.スカート裾に「A-1」の表記があります.また,乗務員室ドア横には「SS」の表記があり,JR四国管内で試験走行を行うためにATS-SSが装備されていることが分かります.
  • 写真25
    25) 床下のリチウムイオン蓄電池を納めたと思われる機器箱.「蓄電池箱C」の表記があります.
  • 写真26
    26) 形式の表記.「DGBC」とはDiesel Genelator Battery Carの略だと思われます.
最初に移動 最後に移動
上へ戻る